10年目のカルテ

執刀した患者さんが
歩いて家に帰るところを見られるのが嬉しい

【呼吸器外科】濱中 瑠利香医師
(国際親善総合病院 呼吸器外科)-(前編)

呼吸器外科の特徴

濱中先生

――呼吸器外科では、どのような疾患を扱うのでしょうか?

濱中(以下、濱):心臓と食道以外、胸腔内の臓器の疾患のほとんどを対象としています。主な疾患としては、肺がん、気胸、縦隔腫瘍などが挙げられます。

――先生は、どうして呼吸器外科を選ばれたのでしょうか?

:学生の頃から、自分には手を動かす科が向いているのかな、と思っていました。外科系の中で呼吸器を選んだきっかけは、臨床研修の際に、東海大学医局の岩﨑教授の手術を見たことです。出血がほとんどなくて、すごく綺麗な手術だと感じました。

――胸部の手術というと、侵襲性が高そうですが。

:もちろん患者さんの状態によりますが、胸腔鏡を使った手術の場合、胸部に小さな穴をあけてそこからカメラや器具を入れ、肺の一部を切除することができます。岩﨑教授が開発した術式だと、2箇所の穴だけで手術ができるので、傷もとても小さいのです。

とはいえ、胸腔内は重要な臓器や血管が多いですから、小さなミスも許されません。大血管を傷つければ、すぐに命に関わる事態になります。簡単ではないけれど、自分の腕次第で、患者さんにあまり負担をかけずに救うことができる、というのは大きなやりがいです。

 

(クリックで拡大) 1week
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら