グローバルに活躍する若手医師たち

日本医師会の若手医師支援

JMA-JDNとは

Junior Doctors Network(JDN)は、2011年4月の世界医師会(WMA)理事会で若手医師の国際的組織として承認されました。JDNは、世界中の若手医師が情報や経験を共有し、未来の医療を考えて行動するための画期的なプラットフォームです。日本医師会(JMA)は2012年10月に国際保健検討委員会の下にJMA-JDNを立ち上げました。これまで若手医師の集まりは学会や医局、地域、NGOなどの枠組みの中でつくられてきました。JMA-JDNは、多様な若手医師がそれらの枠組みを超えて、公衆衛生や医療分野において自由に自分たちのアイデアを議論し行動できる場を提供したいと考えています。関心のある方は検索サイトやFacebookで「JMA-JDN」と検索してみて下さい。

今回は、世界医師会(WMA)ブエノスアイレス理事会及び欧州日本人医師会(欧州で医療活動を行う日本人医師約40名の任意団体)青年部会ブダペスト総会に参加した若手医師たちから感想を寄せてもらいました。

 

イベントを通して学ぶときに大切なこと
~WMAブエノスアイレス理事会に参加して~

JMA-JDN 代表 阿部 計大

私たちが勉強会やセミナーに参加するのは何のためでしょうか?そのイベントの講師が魅力的だったり、テーマに興味があったり、友達に誘われたからかもしれません。もし知識を得たいだけであれば、本や文献を読んだ方が体系的で正確な情報が得られます。2016年4月27日から4日間の日程でブエノスアイレスにて開かれたWMA理事会とJDN会議に出席しながら、これに参加して得る価値を最大化する方法を考えました。

ノーベル経済学賞受賞者のDaniel Kahneman氏は著書の『Thinking, Fast and Slow』の冒頭で人の思考を二つに分けて紹介しています。直観的で自動的な「システム1」と熟慮的で合理的な「システム2」です。この両方の思考過程を適切に使用することで、イベントをより有意義なものにできるのではないかと思うのです。まず、イベント期間中は「システム1」をフル回転させます。例えば、ブエノスアイレスの近代的な空港に着いた瞬間から、自動的に私の「システム1」は働いています。ホテルに移動するまでの車窓から街並みを観たり、世界のJDNメンバーと再会の挨拶をしている時にも働いています。会議中は「ジカウイルス感染症」や「気候変動の健康影響」など、20以上の声明案を検討します。夜は歓迎パーティーでアルゼンチンの伝統や文化が感じられる料理を頂いたり、タンゴを鑑賞しながら世界中の若手医師と会話を楽しみます。期間中は慣れない環境から多くの情報を認識して、迅速に処理しなければならず、高揚感を感じながら常に「システム1」が優位にならざるを得ません。しかし、このままヒューリスティックな思考で終わってしまってはバイアスがかかった理解に終始し、学んだ気にはなるものの悪影響すら及ぼすかもしれません。大切なのは、イベント後に「システム2」を優位にして論理的思考で検証することだと思います。今回も会議中にすべての声明案を理解することは難しく、「ジカウイルス感染症と小頭症の発症」の因果関係は既に証明されているものだと思い込んでいました。しかし、帰国後に文献を調べると2016年春のNew England Journal of Medicineに掲載された論文でようやく因果関係が示されたことがわかりました。イベント参加後は一度冷静に振り返り、学んだことを論理的に検証することで、その価値をさらに高められると思います。

阿部 計大
手稲渓仁会病院で研修後、東京大学大学院公衆衛生学博士課程に在学中。家庭医療専門医。認定内科医。産業医。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら