誰もが自分の健康を主体的に獲得できる
世の中へ(1)

医師は人々の健康についてどのように考え、どう関わっていくべきなのでしょうか?

公衆衛生への関心と臨床での取り組み

――まずは、先生方のプロフィールを簡単にお聞かせいただけますか?

阪本(以下、阪):私は筑波大学の総合診療科に所属し、茨城県の神栖市という医師不足が深刻な地域で診療しながら、学生の教育にも携わっています。

また、ヘルスリテラシーについての研究も行っています。健康の維持においても病気の治療においても、正しい知識を持っていることは、ヘルスアウトカムに大きく影響を及ぼします。インターネットを中心に様々な医療情報がはびこり、信頼性が低いものも少なくない現代ですが、より多くの方が質の高い情報にアクセスできるような世の中にしていきたい、と思っています。

座光寺(以下、座):私は臨床研修以来、佐久総合病院で働いています。タイの大学院で公衆衛生について学んだ時期もありますが、基本的には臨床医としてキャリアを積んできました。昨年度からは南牧村という人口3000人あまりの山村で、診療所の所長をしています。南牧村はかつて無医村だったところで、「医者をあげる(往診を頼む)のは死亡診断書を書いてもらう時」と言われていたくらい、医療アクセスの限られた所でした。当時の保健師たちは、畑のあぜ道まで行って住民の血圧を測っていたと言います。この地で受け継がれてきた「医療者が生活の場に出向く」という考え方は、私も大切にしていきたいと思っています。

長谷田(以下、長):私も、座光寺先生と同じ佐久総合病院で後期研修を行い、総合診療医としてのトレーニングを受けました。医学部に入る前から予防や公衆衛生に関心があったこともあり、現在は東大の大学院で社会疫学の研究に携わっています。

  

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら