10年目のカルテ

患者さんの
自己実現のお手伝いをする

【腎移植外科】岡田 学医師
(名古屋第二赤十字病院 腎臓病総合医療センター
移植外科・内分泌外科)-(前編)

腎移植の2つの方法

濱中先生

――腎移植はなぜ必要で、どんなときに行うのでしょうか。

岡田(以下、岡):腎臓は一度機能が低下してしまうと、良くなることはほとんどありません。腎機能が一定以上低下した方は、人工透析か腎移植を行わなければ生命を維持できないのです。

腎移植をする場合、健康な近親者が腎臓を提供する生体腎移植と、脳死状態または心停止した方の腎臓を移植する献腎移植の二つの方法があります。現在日本では、年間約1600例の腎移植が行われていますが、献腎移植はその内の1割以下です。

――移植手術はどのように行われるのでしょうか。

:生体腎移植の場合、一人の医師が摘出・移植の両方の手術を行う施設もありますが、当院では摘出チームと移植チームに分かれています。移植チームはレシピエントの体に腎臓が入るスペースを作って、血管や尿管をつなげられるように準備をしておき、そこに摘出チームが取り出した腎臓を移植します。

生体腎移植においては、移植した腎臓がちゃんと生着することはもちろん、ドナーの安全の確保も非常に重要になります。ドナーには術前検査・麻酔・摘出に伴う直接的・短期的リスクや、腎臓が一つになることによる長期的なリスクを説明したうえで、ご自身の意思で提供を決めていただきます。手術後は、レシピエントだけでなく、ドナーの方にも定期的に通院していただく必要があります。

――献腎移植の場合は、どのような流れになるのでしょうか?

:献腎移植を希望する患者さんは、あらかじめ「日本臓器移植ネットワーク」への登録が必要です。脳死下臓器提供による献腎移植の場合、移植を受けられることが決まると、患者さんも私たち医療チームも急ピッチで準備を進めます。摘出チームは丸1日も経たないうちに、ドナーの方がいらっしゃる病院へ、全国どこへでも向かいます。提供していただいた腎臓は、摘出チームがクーラーボックスで大切に運び、移植チームがすぐにレシピエントに移植します。通常業務を行うなかでの緊急対応になるので、大変な仕事ではあります。

 

(クリックで拡大) 1week
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら