医師の多様な働き方を受け入れる
公衆衛生という職場
~元検疫官 松本 昌子先生~(前編)

松本先生
今回は、日本医師会女性医師バンクの紹介を通じて、東京検疫所に医師として勤務されたご経験のある、松本昌子先生にお話を伺いました。

検疫所に就職するまでの経歴

猪狩(以下、猪):今回は、東京検疫所で勤務されたご経験のある松本先生にお話を伺います。

松本(以下、松):検疫所での仕事は、医学生の皆さんにとってはなかなかイメージが湧きにくいと思いますので、本日はできる限りお伝えできればと思います。よろしくお願いします。

:まず、先生の簡単なご経歴をお聞かせいただけますか?

:私は、2000年に医学部を卒業しました。当時はがん治療に興味があり、放射線科などを志望していました。しかし、健康上の理由で臨床研修を受けず、ブランクができてしまいました。当時は現在の臨床研修制度ではなく、卒業後は医局に入るのが一般的だったのですが、医局に入るタイミングも逃してしまいました。その後、知人の厚意で1年間臨床研修を受けましたが、制度改正でその研修も無効となり進路に迷っていました。そんな時に出会ったのが、日本医師会女性医師バンクでした。

:日本医師会女性医師バンクは、厚生労働省から委託され、日本医師会が行っている、女性医師の就労・勤務継続・再研修などの支援事業です。登録された方には一人ひとり担当のコーディネーターがつき、相談に乗ったり、その方の事情に合わせた就職先を探したりしています。そして、松本先生が登録された時、私が担当になったのですよね。ちなみに、先生はどうやって女性医師バンクを見つけられたのですか?

:インターネットで検索し、たどりつきました。登録したら、コーディネーターであり、現役の医師でもある猪狩先生がお電話を下さいました。日本医師会の事業ということで安心感がありましたし、現役の医師の先生が、医師ならではの事情も踏まえて対応してくださるので、とても心強かったです。東京検疫所は、専門医などの資格がなくても就職でき、身分も公務員となるため福利厚生も充実しているということで、本当に良い職場をご紹介くださったと感謝しています。

:私たちとしても、様々な事情で続けられなくなってしまった優秀な女性医師の復職をサポートすべく活動してきましたので、ご希望の条件に合う職場をご紹介できて本当に嬉しく思っております。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら