グローバルに活躍する若手医師たち

日本医師会の若手医師支援

JMA-JDNとは

Junior Doctors Network(JDN)は、2011年4月の世界医師会(WMA)理事会で若手医師の国際的組織として承認されました。JDNは、世界中の若手医師が情報や経験を共有し、未来の医療を考えて行動するための画期的なプラットフォームです。日本医師会(JMA)は2012年10月に国際保健検討委員会の下にJMA-JDNを立ち上げました。これまで若手医師の集まりは学会や医局、地域、NGOなどの枠組みの中でつくられてきました。JMA-JDNは、多様な若手医師がそれらの枠組みを超えて、公衆衛生や医療分野において自由に自分たちのアイデアを議論し行動できる場を提供したいと考えています。関心のある方は検索サイトやFacebookで「JMA-JDN」と検索してみて下さい。

今回は、JMA-JDNの若手医師より第1回JMA-JDN総会の開催報告、JMA-JDNセミナーの参加報告と、Pre WHA Meetingおよび世界保健総会の参加報告を寄せてもらいました。

 

行動によって得られたものを継続する大切さ
~第1回JMA-JDN総会を開催して~

JMA-JDN 代表 阿部 計大

ドクタラーゼ読者の皆様方の中には、何らかの目標を持ち、仲間との勉強会や部活動、ボランティア活動など、実際に行動を起こしている方も多いのではないでしょうか。私も10年前は国際医学生連盟(IFMSA)で様々な活動を行っていました。そこで得た学びはもちろん、人との出会いが何よりの宝です。ところが、医師になると学生時代の活動をやめてしまい、せっかくの活動がその方の代限りになってしまうことがよくあります。

私は医師3年目の秋(2012年)に、日本医師会の支援を得て、仲間達とJMA-JDNを設立しました。「幅広い視野を持って社会に貢献できる医師を育成すること」を理念に掲げ、若手医師のプラットフォームを形成し、世界の若手医師の会議に出席して議論をしたり、セミナーで学びを深めたりしてきました。

近年はIT技術の進歩で、より気軽にプラットフォーム型の組織運営やイベント開催が可能になっています。この多義的な世界において、「とりあえず、まず行動してみる」ことで周囲に働きかけ、そこで得られる新しい情報を認知し、仲間と共に解釈し、次の行動に繋げるという戦略は非常に有用だと思います(センスメイキング理論)。

プラットフォーム型として始まったイベントで生まれたイノベーションの種は、活動を継続してこそ成果が出るものが多いのも事実です。そこで、2016年の7月2日、全国の若手医師を集め、設立から4年目にして第1回JMA-JDN総会を開き、次期役員の選出と内規の制定等を行いました。総会というと形式的で前時代的に聞こえるかもしれませんが、活動を次の世代に引き継ぎ、持続可能なものとするためには大切な仕組みだと考えています。現在JMA-JDNには多くの新しい研修医や若手医師が共感して仲間に加わってくれています。皆様の素晴らしい活動もゆくゆくは次の世代に引き継ぎ、継続することで可能性が拡がるかもしれません。これからがさらに楽しみです!

阿部 計大
手稲渓仁会病院で研修後、東京大学大学院公衆衛生学博士課程に在学中。家庭医療専門医。認定内科医。認定産業医。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら