第4回 医学生・日本医師会役員交流会 開催報告

2016年8月5日、東京都文京区の日本医師会館に全国の医学生が集まり、日本医師会役員と活発な議論を行いました。

第4回医学生・日本医師会役員交流会は「若手医師の勤務環境とワーク・ライフ・バランス(以下、WLB)を考える」をテーマに開催されました。北は北海道から南は沖縄まで、全国から参加者が集まり、医学生からの問題提起と、パネリストによる話題提供を踏まえたパネルディスカッションを行いました。「医師がやるべき仕事をより短時間で済ませることができるように、AIなどの活用も考えていく必要があるのではないか」「WLBに関する大学教育は、色々なキャリアのパターンを経験した先生が参加するワークショップ形式で行うのが理想だ」など、様々な意見が飛び交いました。

タイムスケジュール

14:00〜 開会 総合司会 日本医師会常任理事 今村 定臣
14:05〜 挨拶 日本医師会会長 横倉 義武
14:10〜 第1部
問題提起・話題提供
・医学生からの問題提起
 三浦 子路  旭川医科大学 医学部 1年
 龍田 ももこ 東京大学 医学部 4年
 井上 陽美  熊本大学 医学部 6年
・パネリストからの自己紹介と話題提供
 蓮沼 直子先生
 (秋田大学 医学部 総合地域医療推進学講座 准教授)
 宮田 俊男先生(日本医療政策機構 理事)
 川瀬 和美先生(東京慈恵会医科大学 外科学講座 准教授)
 今村 聡(日本医師会 副会長)
15:50〜 第2部
パネルディスカッション
コーディネーター 
日本医師会 副会長 今村 聡
16:50〜 総括 日本医師会 副会長 今村 聡
16:55 閉会  

 

123

 

【第1部】 問題提起・話題提供

医学生からの問題提起

一般の方から医師はどう映るか

旭川医科大学 医学部 1年 三浦 子路

sakoi医学生や医師は、医療従事者でない方々に「すごく勉強していて、何でもできる」人たちだと思われがちです。しかしこれが度を超すと、「何でもできて当然」、裏を返せば「少しでもできないとダメ」だと捉えられかねません。双方の間に信頼関係が築かれ難くなり、医療への距離感の増大と医療ミスへの過度な批判が助長される可能性を危惧しています。

 

医師の労働環境・ワーク・ライフ・バランスについての
アンケート調査~持続可能な医療を目指して~

東京大学 医学部 4年 龍田 ももこ

sakoi医師の労働環境やWLBに関するアンケート調査を医学生に実施したところ、受動的なキャリア観よりも能動的なキャリア観の持ち主の方が、自身のやりがいや興味を重視して職場を選択しており、他人がWLBを重視して職場選択することに対してもより寛容であることがわかりました。医学生世代の考えを発信していくことで、勤務医のWLBをより良い方向へ変えていきたいです。

 

医師のワーク・ライフ・バランス

熊本大学 医学部 6年 井上 陽美

sakoi出産しても働き続けていくためにはどうしたらいいかと考え、WLBやキャリアに関する医学生向けイベントを開催してきました。私がいま問題だと考えているのは、男女双方の意識の違い、ロールモデルとなる先生方のお話を聞く機会の少なさ、キャリア教育の大学間格差です。仕事と家庭の二者択一と思っている人には、働き方の多様な選択肢を知ってほしいです。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら