シリーズ連載
医科歯科連携がひらく、これからの「健康」①
口腔疾患の全身状態への影響(前編)

「食べる」「話す」を支える口の機能を保つ

「食べる」という行為は人の健康に深く関わっており、高齢者のQOLにも大きな影響を与えています。このシリーズ連載では、「食べる」を支える口腔や嚥下の機能を保ち、健康寿命を延ばしていくために、医科と歯科がどのように連携していけば良いかを考えていきます。今回は、東京医科歯科大学高齢者歯科学分野の水口俊介先生に、口腔疾患と全身状態の関係について、お話を伺います。

 

口腔内の機能

koukoku2――「食べる」ことには、口腔内のどのような機能が関わっているのですか?

水口(以下、水):まず、「食べる」ことには、「咀嚼」と「嚥下」という機能と、これらの機能が発揮される場の環境としての「口腔衛生が保たれている」という重要な要素が関わっています。これらの口腔機能と口腔衛生は、加齢とともに衰えていく可能性があります。

口腔内のよくあるトラブルとしては、むし歯(う蝕)や歯周病があげられます。歯周病の有病率は、20歳代で約7割、30~50歳代では約8割、60歳代は約9割ともいわれています。これらの口腔疾患が直接命を脅かすことは滅多にありませんが、様々な病気のリスクを高めます。例えば歯周病は循環器系疾患や糖尿病、誤嚥性肺炎の大きなリスクファクターになることが知られています。また、放置された虫歯や、合わない義歯(入れ歯)は、咀嚼能力の低下につながり、消化器系に悪影響を及ぼすということも考えられます。

フレイルの悪循環に陥らない

――口腔内の健康状態は、全身の健康状態に関わってくるんですね。

:そうなんです。また、「食事」は栄養を摂取するだけの行為ではなく、生活における「人とのつながり」の要素も持っているんです。家族や友人と食事をともにできる、ということがその人の社会生活、人生の豊かさを支えているともいえます。

近年は、口腔内の状態悪化が、社会生活の質の低下を招き、ひいてはサルコペニア(加齢性筋肉減弱症)や低栄養などによる機能低下につながる危険性が指摘されています。機能低下が進むと、最終的にはフレイル(虚弱)状態に陥り、要介護状態になってしまうでしょう。

――口内炎があるだけでも、食事が苦痛になると感じます。ずっと口に痛みがあれば、衰弱してしまうのも納得がいきます。

:そうですよね。例えば、むし歯を放置し、義歯の不調を抱えた高齢者は、噛めない・痛いなどの理由で食事量が減ってしまう。すると栄養が足りなくなって全身の筋肉量が減り、活動量も低下する。活動量が低下すると、エネルギー消費量も低下する。さらに食欲が低下…という悪循環で、最終的にはフレイルが進行してしまうのです。

この悪循環に陥らないように、もしくは悪化を少しでも遅らせるために、歯科医師は様々な介入を行っています。歯周病やむし歯などを速やかに治療することはもちろん、定期的に口腔内の健康状態をチェックし、口腔衛生を保つことが重要です。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら