医学生×一般学生 同世代のリアリティー

就職活動(就活)編-(前編)

医学部にいると、なかなか同世代の他分野の学生との交流が持てないと言われます。そこでこのコーナーでは、医学生が別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を探ります。
今回は「就職活動(就活)」をテーマに、就活を終えたばかりの学生3名(学生A・B・C)と、医学生3名(医学生D・E・F)の6名で座談会を行いました。

今回のテーマは『就活』

医学生は医学部に入る段階で、医師になることがほぼ決まっており、専門分野や医局・研修病院の選択をするだけです。けれど一般の学生の多くは、大学に入る時点で職業は決まっておらず、「就活」を通しキャリアを作っていくのです。

就職先ってどうやって決めるの?

医D:就活の前に、まず「この仕事に就きたい!」って考え始めるのはいつぐらいからですか?

学A:大学に入る時は、何となく志望の学部があって、あとは偏差値で大学を決める、みたいな感じでした(笑)。なりたい職業が明確にあって、大学に入る人は少ない気がします。

学C:僕は教育学部に入りましたけど、教育学部生がみんな教師を目指しているわけでもないんです。僕はコンサルティング業界に内定が決まったんですが、まだどういう仕事をするかもよくわかっていないですね(笑)。

医F:そうなんですか?

学B:同じ業界でも、会社によって仕事内容は違うし、同じ会社でも配属された部署によって全然違うことをしますから。

学C:自動車メーカーに就職したって、みんなが自動車工場で車を作っているわけではなく、広告担当もいれば、人事担当もいる…、そんな感じです。

学A:就職活動が近くなると、「業界研究」をしなさいって言われるんです。志望する業界は、どんな事業を営んでいて、どんな人材を求めているのか…。その業界で働く先輩を訪問して話を聞いたり、業界研究セミナーに行くこともあります。

就活の流れ?まずは説明会から?

医E:私は4年なんでまだですけど、6年生は研修病院を選ぶためにセミナーに行ったり、先輩の話を聞いたりする人もいるみたいです。

学A:ああ、医学部でもそういうことあるんですね~。

医D:ちなみに、就活では何社くらい受けるんですか?

学B:僕の周りは平均40社くらいでしたけど、100社近く受けている人もいたなあ。

医D:100社!?

学C:そこまで受ける人はあまりいないけど、僕らも説明会だけならもっと多いですよ。

医F:説明会って?

学A:会社の就職説明会ですね。3年生の後半くらいから、企業の採用サイトに登録しておくと、説明会の案内が来るようになるんです。その情報を見て、手帳の空いている日程にどんどん説明会を入れていく…。

医D:そこまでだと、まだその会社を「受けてる」ってことにはならないんですか?

学C:はい。そして説明会に参加してみて、いいなと思ったらエントリーするんです。これが正式な応募に当たるもので、エントリーシート(ES)という履歴書のようなものを提出します。このESが認められれば、面接や筆記試験に進めます。

面接では何を聞かれるの?

医E:面接は何回くらいするんですか?

学A:大体は3~4回ですね。多い会社は10回以上あります。

医D:10回も!何をそんなに聞かれるんですか?

学B:内容は会社によるんでしょうけど、面接の回を重ねるほど「偉い人」が試験官になるのが普通だと思います。

学C:ある企業は面接ごとに○×△が付けられて、×が2回付いたらアウト、○が5回付いたら合格だとか…。採用する方も、多くの人の目で、できるだけいい人材を選びたいって思っているんでしょうね。

医F:大変そう…。ちなみに面接で受かる・受からないって何で決まるんですか?

学B:面接ではその人の個性やコミュニケーション力、論理的な思考力が見られていると感じます。これは文系も理系も同じでしょうね。僕は工学部なんですが、「大学で学んだ内容が仕事ですぐ役立つことはない!」と言われました。会社で役立つ能力は、研修や実務の中で身につくものだからこそ、知識や技術より、その人の人となりを見ているんだと思います。

学C:ちなみに、学生生活が充実していた人は言うことに説得力がありますよ。就活のマニュアル本にもいろいろなアドバイスが書いてあるんですが、うわべをつくろっても説得力はなくて、結局は自分が経験して実感したことを話す人の方が好印象なんだと思います。

医D:やっぱり性格が暗そうな人は受からないんでしょうか?

学B:一言で「暗い」って言っても難しいですけど…。仕事にもよりますよ。例えばプログラマーや技術者は、一見明るさがなくても、周囲とちゃんとコミュニケーションが取れるなら充分に仕事ができますし。

学A:なんか不採用が続くと、「お前はコミュニケーション能力がない!」って言われている気がしてくるんです。そうすると、余計に「どう振る舞ったらいいんだろう」ってわからなくなって、トンネルを抜け出せなくなる人もいると思います。

同世代のリアルティ
「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら