先輩医師インタビュー
真野 俊樹 (医師×MBA)

チーム医療を率いる医師に求められる広い視野と柔軟な感性
-(前編)

臨床現場や「医師」という仕事の枠組を超えて、様々な分野で活躍する先輩医師から医学生へのメッセージを、インタビュー形式で紹介します。

真野 俊樹
多摩大学大学院教授 1987年名古屋大学医学部卒、医師・医学博士・経済学博士・MBA。糖尿病内科医として臨床経験を積んだ後、コーネル大学医学部に研究員として留学。その後、製薬企業のマネジメントに携わりながら英国レスター大学大学院でMBAを取得する。現在はMBAプログラムの教育に携わりながら、厚生労働省・日本医師会病院委員会委員長も務めている。医療政策・医療経済に関する著書も多い。
※MBA(Master of Business Administration)は、英米圏の専門職学位であり、経営学修士とも呼ばれる。経営・ビジネスに関して豊富な知識を持つプロフェッショナル。


MBAとの出会い

臨床医として10年の経験を積み、薬理学の研究のために渡ったアメリカで、真野氏は医療マネジメントや医療政策の専門家に転進することを決意する。きっかけは、研究室で親しくなったアメリカ人医師たちから「医療がやりにくくなっている」と聞いたことだった。国民皆保険制度のある日本と異なり、民間医療保険しかないアメリカでは、医師が必要だと判断しても、保険会社が認めなければ治療に莫大な費用がかかってしまう。医師がやるべきだと考える治療や、患者が受けるべき治療が、制度やお金の問題でできなくなっている…、そんなアメリカの医療の現実に気づいたのだ。

「もしかすると、日本でも医師が必要だと考えた医療ができなくなるかもしれない。そうなってしまったら大変だな、と感じたのです。」

真野氏は、日本がそのような社会にならないようにするために、薬や診療方法の医学研究だけでなく、医療制度や経済・経営の仕組みについて考えていかなければならないと感じた。しかし当時の日本では、医師で医療制度や医療経済の研究をする人はほとんどおらず、インターネットも普及していなかった時代なので、どうアプローチすればよいかはわからなかった。そんな時、MBAを取得するために真野氏が住んでいたマンハッタンに留学してきた人たちとの出会いがあった。そこで、様々な職業、多様な文化・背景を持つ人たちと関わり、MBAの取得にも関心を持ったのだ。


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら