10年目のカルテ

外科医の縫合技術を競うコンテストで優勝

【消化器外科 番外編】飛鳥井 慶医師(兵庫県立西宮病院 外科)
-(前編)

「真皮縫合コンテスト」優勝者。5年目の先生ですが、「番外編」としてご紹介します。

術後の合併症予防にやりがい

10年目のカルテ

――外科を選んだきっかけは何だったのでしょうか?

飛鳥井(以下、飛):研修医になった当初は、スポーツで脚を傷めた経験から、整形外科に興味がありました。けれど、必修で回った時から外科にも興味が湧いて来ました。結局、整形と外科を両方回って思ったのは、術後管理の大変さが全然違うということ。整形は自然に治っていくことも多いのですが、外科の患者は合併症のリスクも高く、感染して再手術が必要になることも多いんです。ただ切るだけでなく、合併症をいかに防ぐかも医師の腕にかかっている…そんなところにやりがいを感じて、外科を選びました。

術後の管理はもちろんですが、手術時間の短縮が下肢の血栓や肺塞栓予防には有効とされています。ですから、外科医として「速さ」は大事にしたいですね。

10年目のカルテ
2012年「真皮縫合コンテスト」優勝! ~若手外科医が縫合技術を競い合いました~
毎年1回、大阪大学の主催で「真皮縫合コンテスト」が行われています。これは若手医師の縫合技術の向上を目的として開催されているコンテストで、2012年3月に行われたコンテストでは、関西の病院に勤務する若手医師109名が予選に参加しました。その優勝者が、今回ご紹介した飛鳥井慶先生です。
真皮縫合は、体内で溶ける糸(吸収糸)を使った縫合技術で、従来から美容形成などの分野で用いられてきました。抜糸が不要で縫合の痕が目立ちにくく、化膿もしにくいと言われています。コンテストは、約10センチの傷がついたブタの皮膚を制限時間内に縫い合わせ、その技術を競う形で行われます。
このようなコンテストで技術を競い合うことは、若手医師の意欲・技術を高めるよい刺激になるのではないでしょうか。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら