専門医になるまでの医師のキャリアのロードマップ(前編)

医学部入学から、臨床研修を経て専門医資格を取得するまでのキャリアの全体像を見てみましょう。

 

(クリックで拡大) 1week

教養・基礎医学・臨床医学など(4年)

 共用試験(CBT・OSCE)までの座学中心の学習

「医学部に入ってから概ね4年間は、教養教育に加え、医学教育を受けるために必要な生物学・化学などの準備教育、解剖学や生理学などの基礎医学、そして臓器別の臨床医学などを「医学教育モデル・コア・カリキュラム」に沿って学びます。医学の知識を体系的に学ぶのはCBT・OSCEからなる共用試験までの4年間であり、共用試験では医師国家試験に準ずる内容が問われ、診療参加型実習に必要な知識・技能・態度が備わっているかどうかが評価されます。共用試験に合格することが、5~6年次に行われる診療参加型臨床実習の参加要件となります。

診療参加型臨床実習(2年)

 医師臨床研修マッチング

「マッチング」とは、医学部6年次の10月頃、臨床研修を受ける病院を決定する仕組みのことを言います。翌年度に臨床研修を受けることを希望する人は、マッチングに参加する病院の中から希望のプログラムを選び、希望順位を登録することになっています。研修病院側も様々な形で選考を行い、採用希望者の順位を登録します。これらを、一定の規則に従ってマッチングし、誰がどのプログラムで臨床研修を受けるかを決定していきます。複数の病院・プログラムを希望することはできますが、最終的には希望順位をつけることになるため、見学や説明会に足を運ぶ必要もあります。5年次から6年次の前半にかけて、実習の合間に病院見学を行っている医学生も少なくありません。

臨床研修(2年)

 臨床研修のポイント

・「診療に従事しようとする医師は、指定された病院で2年以上の臨床研修を受けなければならない」と医師法で定められています。
・臨床研修医は研修への専念義務があり、アルバイトは禁止されています。
・原則として、医師臨床研修マッチングによって研修先が決定します。
・内科6か月以上、救急3か月以上、および2年目の地域医療研修1か月が必須とされています。
・外科・麻酔科・小児科・産婦人科・精神科のうち2つ以上の診療科の研修が必須です。
・研修機関は、ルールの範囲内で、特色のある研修プログラムを作ることができます。

専門研修(3年以上)

 専門研修のポイント

・法令に規定はなく、医師のプロフェッショナル・オートノミー(専門家による自律性)により、学会と日本専門医機構のもとで行われます。
・専門研修プログラムで、3年以上の研修を受けることが求められます。
・これまでは、カリキュラムに定められた到達目標を達成した段階で専門医試験の受験資格が与えられる「カリキュラム制」も併存していましたが、新たな仕組みでは、到達目標を年次ごとに定められた研修プログラムに沿って修得する「プログラム制」に原則として統一されることになりました(サブスペシャルティ領域はこの限りではありません) 。
・専攻医(専門研修を受ける医師)のアルバイトは禁止されていません。
・専攻医の定員について、領域や地域などによって上限が定められることはありません。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら