今までの専門医制度と何が変わるのですか?

Q.今までの専門医制度と何が変わるのですか?

A.これまでの専門医制度は、各学会により独自に運営されており、目指すところも様々でした。しかし、新たな専門医の仕組みによって、基本領域学会の専門医は、「国民に標準的で適切な診断・治療を提供できる」医師であるべきだと定められました。

これからは、卒業後、臨床研修を修了した医師は、原則全員が基本19領域いずれかの専門医資格を取得するべく、最短3年間の研修を受けることになります。そして、専門医資格を取得することは、標準的な医療を提供できると認定されることを意味するようになるのです。

point
全員がいずれかの基本領域の専門医を必ず取得することに!

 

具体的にどのような研修を受けることになりますか?

Q.具体的にどのような研修を受けることになりますか?

A.志望する基本領域のプログラムがある基幹施設に所属し、専門研修施設群の中でローテート研修を行います。研修が一つの施設で完結しないので、幅広い経験を積むことが可能になります。

また、結婚・出産や留学によって、研修の途中でキャリアを中断することも可能です。ワーク・ライフ・バランスも大切にしながら、国民に信頼される専門医資格を取得できるようになるのです。

point
施設群をローテートしながら研修を受けることで、多様で偏りの少ない経験を積むことが可能!

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら