まだまだ知りたい専門医、どうなるの?(1)

医学生の素朴な疑問を、日本医師会常任理事で 日本専門医機構理事の羽鳥裕先生にぶつけてみました。

Q.専門医には、どのくらいの専門性が求められるのでしょうか?

A.どの領域の専門医にも共通して求められるのは、その診療領域における「標準的な医療」を提供できることです。極端に深い知識や卓越した技能がなければ専門医になれない、というわけではありません。

また、特に基本領域の専門医資格を取得することは、専門性を支える、医師としての基本的な能力を修得することも意味します。新たな仕組みでは専門性だけでなく、ジェネラルな能力も重視されているのです。

Q.私も専門医資格を取らなければならないんですか?

A.厚生労働省「専門医の在り方に関する検討会」では、「医師は基本領域のいずれかの専門医を取得することを基本とする」ことが適当だとされました。

とはいえ専門医の仕組み・専門医制度は、法令として規定されているものではありません。なぜなら、議論の背景に、医師の専門性は法や制度に規定されるべきものではなく、プロフェッショナル・オートノミー(専門家による自律性)によって担保するべきものである、という考え方があるからです。新たな専門医の仕組みづくりは、専門医機構をはじめ、医師会、各学会、病院団体など、医師の専門職集団が協働して、自主的に専門医の質を向上していこうとする取り組みなのです。

Q.専門医資格を持っていると、どういう利点があるんでしょうか?

A.「いずれかの基本領域の専門医資格を持っている」ということは、専門領域に進んだ医師として一定のレベルに達していることを意味するようになると思います。しかし、専門医資格の有無が、医師の優劣を決めるわけではありません。あくまで医師の自己研鑽の一つの手段として捉えるべきだと私は思います。

なお、わが国では麻酔科以外の診療科については自由に標榜することができます。実際に多くのかかりつけ医が、その地域で求められる複数の診療分野を標榜しています。ですから、専門医資格の有無は、その分野の診療を行えるか否かに影響するわけではありません。むしろ専門医資格取得の中心的なメリットは、患者や他の医療者からの一定の信頼を得られることであると言えるでしょう。

Q.専門研修は大学病院でしか受けられないのですか?

A.そんなことはありません。領域によっては、基幹施設の多くが大学病院になる可能性はありますが、それぞれの領域で定めた基準を満たせば市中病院が基幹施設になることもできます。基幹施設になるには、臨床研修指定病院として厚生労働大臣が指定している病院と同等の基準を満たすということになっていますが、単科病院でも各学会の条件さえ満たせば基幹施設になれるとされています。

大学病院にせよ市中病院にせよ、新たな専門医の仕組みでは、研修の質が一定の水準を満たすかどうかを学会および専門医機構が審査することになります。皆さんは、認定されたプログラムの中から、自分の希望する強みや特徴を持ったプログラムを選ぶことで、専門医へのキャリアを着実に歩むことができるでしょう。

 

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら