医学生 × 1型糖尿病の皆さん
同世代のリアリティー 番外編

1型糖尿病 編(前編)(1)

このコーナーでは医学生が、別の世界で生きる同世代のリアリティーに触れる座談会を行ってきました。今回は番外編として、慢性疾患と共に生きることのリアリティーを探るべく、1型糖尿病の皆さん3名と医学生3名によるセッションをお送りします。
同世代

今回のテーマは「1型糖尿病」

1型糖尿病は若年者の発症が多い疾患です。今回は、20代から40代までの1型糖尿病の皆さんと医学生が語り合いました。内容が盛りだくさんのため、2回シリーズでお伝えします。

人それぞれ 突然の発症

中安(以下、中):最初に、皆さんが1型糖尿病を発症した時のことを教えていただけますか?

能勢(以下、能):僕が発症したのは29年前、高校3年生の時でした。体調が悪くて、風邪かと思って放っておいたら、体重が7キロくらい減ってしまって。病院に行ったら、「糖尿病ですよ」と言われました。

藤田(以下、藤):私の発症は14歳の時で、今年で22年目になります。6月に日本脳炎のワクチンを接種した後に41度くらいの高熱が出て、その後8月くらいから口渇と倦怠感が出てきました。風邪薬を飲んで寝ても一向に良くならなくて、次第に階段が上れなくなり、寝たきりの状態になりました。近所の病院に行ったら、すぐに大きな病院に行くように言われて、そのまま高血糖で2日間意識がなくなりました。その後、2か月くらい入院してコントロールしました。

秋永(以下、秋):私は2016年の2月に診断が出たばかりです。症状が出始めたのは前年の12月で、同様に口渇や倦怠感です。最初は冬場の乾燥か単純な疲れかと思ったのですが、次第に「やつれたね」と言われるようになり、体重を量ってみたら4〜5キロも落ちていました。筋力も低下しすぎて階段を上るのもやっと。特に食後は仕事が手につかないほどのしんどさで、眠気を通り越して意識も朦朧としていました。今思えば明らかに高血糖症状なのですが、まさか1型糖尿病だとは思わず2か月も我慢をしてしまったのです。最後耐えかねて病院に行くと、進行が速く1型の疑いがあるから明日すぐに行くようにと大学病院を紹介され、翌日即入院になりました。

岩住(以下、岩):1型糖尿病は先天性の疾患で、子ども時代に発症するものだと思っていましたが、大人になって発症することもあるんですね。

:遺伝的素因を持っていて、そこに何か引き金が加わると発症する場合が多いようです。一応、遺伝子解析をすると発症しやすい人はわかるんですが、それを持っているからといって必ず発症するわけでもないと聞きます。好発年齢は小学生から中学生ですが、中には70代になって発症する人もいます。

大場(以下、大):藤田さんは歯科医師だと伺いましたが、医療系に進んだのは、糖尿病を発症されたからというのもあるんですか?

:そうですね。もともと医療関係に進みたいとは思っていましたが、糖尿病を発症後に、歯科医院で「うちでは糖尿病患者は診られない」と言われたことがあったんです。それで、糖尿病がある患者さんのことも安全に診られる歯医者になりたいと思い、歯学部への進学を決めました。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら