医学教育の展望
医学生と教員が対話し、
医学教育の未来を考える(前編)

医学教育はいま、大きな変化の渦の中にあります。臨床研修必修化はもちろん、医学研究の成果や新しい技術の開発に伴い学習内容は増加し、新しい取り組みがどんどん進んでいます。そんな医学教育の今後の展望について、最前線で取り組んでいる教育者をシリーズで紹介します。

医学生の皆さんは、日々膨大な量の知識を学習し、多くの試験をこなしていると思います。しかし、昨今の医学研究や技術の発展の速さを考えれば、皆さんは将来、大学時代にはなかった新しい知識や技術を使ったり、考えもしなかった倫理的課題に直面するかもしれません。

しかし、いかに医学の常識が変化しようとも、医師に普遍的に求められるものがあります。それは、変化に対応して新しい考えを取り込もうとするマインドや、職業人生を通して学習し続ける姿勢を持つことではないでしょうか。

医学教育は今後、高度な医学的知識・技術だけでなく、こうした学習姿勢を医学生が身につけられるものに変わっていかなければなりません。そのためには医学生も、講義を受けて試験をこなすだけの受動的な存在から脱し、医学教育に関する議論に主体的に参加する存在となることが必要かもしれません。そしてその議論の場には、「未来の医師」の診察を受けることになる市民も当事者として参加していることが望ましいでしょう。

「学生と読むTomorrow's Doctors」は、こうした医学教育界の状況を受け、京都大学大学院医学研究科医学教育推進センターの柴原真知子先生と、関西の大学で学ぶ医学生が集まり2014年12月に発足しました。

"Tomorrow's Doctors"(以下、TD)は、イギリスの卒前医学教育認証評価基準です。医学教育認証評価基準は世界中にたくさん存在しますが、1993年に発表された第1版TDには、「現代の医学教育にはどのような改革がなぜ必要なのか」が丁寧に述べられており、今日の日本の医学教育に通じる内容も多く含まれています。

「学生と読むTD」の目的は、第一に、日本の医学教育が直面する課題やその解決策を、当事者自身の手で明らかにすること。第二に、当事者同士で医学教育について議論するプラットフォームを作ること。イギリスの方針をそのまま輸入するのではなく、TDに書かれた論点をもとに日本の医学教育を相対化し、現状と課題をあぶりだそうという発想の下、毎回活発な議論が交わされています。医学部教員を中心に、患者体験のある市民や障害を持った市民との対話も進んでいます。今回は、そんな議論の様子を少し覗いてみましょう。

詰め込み教育で試験は受けっぱなし

池尻(以下、池):医学生の中には、知識を詰め込んで試験をして終わり、となりがちな現在の教育に疑問や違和感を抱いている人も多いのではないかと思います。いわゆる詰め込み教育について、TDでも「記憶力に負荷をかけるものだとしても、知性を育てるものではない」と書かれていますね。

外山(以下、外):試験前の数日で過去問を暗記して、もはや記憶力テストをしているのではないかって人も見かけます。

荘子(以下、荘):学生側にも改めるべき部分はあると思うけど、問題の本質は、過去問を暗記すれば何とかなってしまう評価システム自体にありそうだね。

柴原(以下、柴):TDには、「大量の情報を教えこんだり、試験によって学習の必要性を感じさせるようなシステムの下では、知の探究を求めるような学びの姿勢は弱まってしまう」とあります。

:臨床との関連や、科目同士の横のつながりが明示されれば、今よりずっと興味を持って勉強できるのではないでしょうか。例えば研究に関する授業でも、実際に臨床の場に出ると、研究の重要性がよくわかり、授業も俄然面白くなってくるんですが、低学年のうちにはなかなかピンとこないんですよね。

:私の医学部の授業では、授業に対する学生の意見はオープンに受け入れる旨を伝えていますが、直接意見を言ってくれる医学生はほとんどいません。ある時「合格してさえいれば、点数や授業方針に興味はない」という意見を聞いて、これは多くの試験をこなさなければならない医学生に特有の考え方かもしれないと感じました。医学生側から教員側への働きかけを促進する制度も、これから開発していく余地があると思います。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら