グローバルに活躍する若手医師たち

日本医師会の若手医師支援

JMA-JDNとは

Junior Doctors Network(JDN)は、若手医師の国際的組織として、2011年4月の世界医師会(WMA)理事会にて設置が承認されました。JDNは、世界中の若手医師が情報や経験を共有し、未来の医療を考えて行動するための画期的なプラットフォームです。これを受けて日本医師会(JMA)も、2012年10月に国際保健検討委員会の下、JMA-JDNを立ち上げました。これまで若手医師の集まりは学会や医局・地域・NGOなどの枠組みの中で作られてきました。JMA-JDNは、様々な分野で活躍する若手医師たちがそれらの枠組みを超えて、公衆衛生や医療分野において自分たちのアイデアを自由に議論し行動できる場にしたいと考えています。関心のある方は検索サイトやFacebookで「JMA-JDN」と検索してみてください。

今回は、JMA-JDNの若手医師より、2016年10月に台湾で開催された世界医師会(WMA)総会および、それに先立って開催されたRegional Meeting、WMA-JDN Meetingの参加報告を寄せてもらいました。

 

世界医師会台北総会
~Regional Meeting~

JMA-JDN 役員(研究担当) 加藤 大祐

世界医師会台北総会(2016年10月19~22日)開催に際し、10月17・18日に行われたWMA-JDN Meetingに先立つ16日、初の試みとして、WMA-JDNの中のアジア・太平洋地域の若手医師が一堂に会し、互いに自国の医療について発表・議論するRegional Meetingが開催されました。本稿では、Regional Meetingについて報告します。

今回のテーマは若手医師の労働条件で、私も若手医師の労働条件とwell-beingについて発表する機会を頂きました。

医師の過重労働は、あらゆる国々で問題となっています。今回参加した多くの国で、週当たりの平均労働時間が80~100時間にのぼるというデータがあります。この問題を考えるとき、労働時間の定義と、医師不足の地域で大きくならざるを得ない医師の負担を労働条件とどのように両立するかということが大きなテーマになります。

また、研修において研修医が期待する教育と、病院経営者が期待する労働を、労働条件の面からどのように統合するかも重要です。米国卒後医学教育認定評議会(ACGME)は、Nurse Practitioner (NP)、Physician Assistant (PA)が、若手医師をアシストし、彼らの教育の機会を妨げないよう定めており、現在、米国の大学病院の62%がNPとPAを雇用しているそうです。

労働条件の適正化によって、質の高い教育・医師の保護・ストレスの軽減・労働への高い満足度が期待できます。その意味でも、世界中の多くの若手医師が直面しているという意味でも、労働条件は個人の問題ではなく、みんなで取り組むべき大切な問題であると感じました。

現在、JMA-JDNリサーチチームでは、月1回リサーチミーティングを開催し、議論を重ねています。今回の会議期間中に、複数の国の若手医師が私たちの取り組みに興味を示してくれたことは、大きな喜びであり、今後への強い励みになりました。

日本は、来年のアジア大洋州医師会連合(CMAAO)の開催国です。今回実感した合理的な組織のシステムをできるだけ取り入れ、たくさんの気づき、学び、そしてつながりを活かして、この取り組みを一層洗練・加速できるよう励んでいきたいと思います。

加藤 大祐
筑波大学で臨床研修、名古屋大学附属病院総合診療科で後期研修修了。三重大学大学院家庭医療学分野博士課程所属。家庭医療専門医・指導医。認定内科医。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら