先輩インタビュー【小児科】西村 玲先生(前編)

専門医は、日常診療の積み重ねの延長線上にあるものだと思います

専門医を取得した先輩に、これまでのキャリアのお話を伺いました。

Dr.Terada小児科専門医を取得するまで

――先生は、現在の臨床研修制度が始まる前の世代ですが、専門医を取るまでのキャリアはどのようなものでしたか。

西村(以下、西):私は鳥取大を出て、そのまま小児科に入局しました。最初は大学の小児科病棟で、様々な分野を回りながら経験を積むのですが、私は2年目に結婚して出産したので、数か月のブランクがありました。

――今で言うと、研修医のうちに結婚・出産をされたという感じですね。

西:そうですね。同期もみんな頑張っているなかで、自分がいったん休むのには焦りもあって、産後2か月で復帰しました。幸い、私も夫も地元の出身で、それぞれの親に頼ることができたのは助かりました。

次の年、つまり3年目には市中病院に出ることになり、小児科医が上司と私しかいないという環境に移りました。重症患者さんが多い所ではありませんでしたが、当直は常に私、というような状況でした。4年目から勤務した米子医療センターは、医師数も症例も充実していて、ここで臨床医としてずっと働いても良いなと思ったりもしたのですが、大学で専門の勉強を深めることも必要ということで、第2子を妊娠した頃に大学に戻ったんです。

――先生は、卒後6年目に日本小児科学会の専門医を取得されていますね。

西:はい。小児科専門医の取得には、5年の臨床経験が必要なので、周囲の医師もその頃に取得していたと思います。小児科に入局後、自然と目標になるのが小児科専門医という感じでしたね。専門医を取得したのは、米子医療センターで働いていた2007年のことでした。小児科専門医の必須症例には、先天性疾患や代謝異常等の難しい病気も入っているので、大学病院等の大規模な病院で勤務する期間も必要です。私の場合は大学で1年強働き、その後市中病院で勤務し、必要な症例を揃えることができました。

――一般的には、小児科専門医の取得のために必要な症例数は、どうやって経験することになるのでしょうか。

西:専門医を取得するためには、その分野について広く診断から治療までできるところまでが求められるため、ある程度幅広い症例を診る必要があります。鳥取大学の場合だと、2年間の臨床研修を経て入局したら、まずは入院患者さんの受け持ちをして、診断・診察・検査・治療を指導医と一緒に行います。後期研修医になると、色々な医師と組んで、さらに幅広い症例を診ることになります。

先天性疾患や代謝異常等の難しい病気も必須症例に入っているので、大学病院での勤務は必要になると思います。私の場合、大学病院と関連病院、市中病院と、1年ごとぐらいのペースで異動がありました。

 

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら