医学生×教員 座談会
医師のキャリアを考える
〜専門医とライフイベントに着目して〜(1)

ここまで2号にわたり、新たな専門医の仕組みの制度面、そして専門医を取得した先生方のキャリアを紹介してきました。新たな専門医の仕組みは、「各専門領域において、国民に標準的で適切な診断・治療を提供できる医師」であることを最低限担保するものであり、医師のキャリアにおける一つのマイルストーンであることを理解していただけたかと思います。

一方で、専門医資格を取得する時期は、多くの医師、特に女性医師にとって、結婚・出産・育児などのライフイベントが重なる時期でもあります。このことを踏まえたうえで、医師のキャリアやワーク・ライフ・バランスについて様々な活動を行っている、秋田大学の蓮沼直子先生と東京女子医科大学の立石実先生をお招きし、医学生4人との座談会を開催しました。今後のキャリアにおいて不安に思うことや、研修プログラムに求めることなどを率直に語り合いました。

サブスペシャルティを取るのが大変!?

――まずは学生の皆さんから、新たな専門医の仕組みについて不安に思うことを挙げていただきましょう。

岩間(以下、岩):私は、以前女性教授のお話を伺った時の「出産・育児を経てもキャリアを重ねていくためには、サブスペシャルティを持ったほうが良いよ」という言葉が印象に残っています。確かに専門性を身につけている方が復帰に有利だと思うのですが、新たな専門医の仕組みでは、サブスペシャルティの専門医資格を取得するのには今までよりも年月がかかると聞いています。結婚や出産のことも考えると、やはりサブスペシャルティの取得は大変になるのではないでしょうか?

蓮沼(以下、蓮):確かに、基本領域の専門医を取ってからサブスペシャルティを取得という順になるので、資格を取るのに時間がかかる領域もあるかもしれません。ただ、新たな専門医の仕組みで言うところのサブスペシャルティは、内科の中の循環器分野といった、かなり大きな分野を指しています。おそらく、その先生が意図されていたのは「得意分野」の話だと思います。例えば、私は皮膚科医ですが、たまたま患者さんに巻き爪の患者さんが多かったので、色々と勉強して巻き爪に詳しくなりました。そうしたら、巻き爪の患者さんが私の所にたくさん紹介されてくるようになって、最終的には専門外来を開くまでになりました。私にとっての「巻き爪」のような、他の人にない強みを持っていれば、働き方に制約があったとしても、必要とされる人材になることはできると思うのです。

立石(以下、立):自分の得意分野を持つことができれば、自信を持つことができますし、キャリアアップにもつながります。これからは男女問わず、最低限の能力は専門医資格で担保したうえで、さらに何か自分なりの得意分野を見つけていくことになるのかもしれません。

:そう思います。得意分野やコミュニケーション能力など、医師として何をどう積み増していくかが問われるようになってくるでしょう。最初から興味がある分野があれば自分なりに勉強していってもいいと思いますし、私のように経験を積むなかで思わぬ出会いがある場合もあるでしょう。得意分野は複数あってもいいと思います。私もフットケアや漢方など、今も勉強を続けています。色んなことに前向きに取り組んでほしいですね。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら