医学生 × 1型糖尿病の皆さん
同世代のリアリティー 番外編

1型糖尿病 編(後編)(1)

このコーナーでは医学生が、別の世界で生きる同世代のリアリティーに触れる座談会を行ってきました。今回は番外編として、慢性疾患と共に生きることのリアリティーを探るべく、1型糖尿病の皆さん3名と医学生3名によるセッションをお送りします。
同世代

今回のテーマは「1型糖尿病」

1型糖尿病は若年者の発症が多い疾患です。今回は、20代から40代までの1型糖尿病の皆さんと医学生が語り合いました。内容が盛りだくさんのため、2回シリーズでお伝えします。

医大生としてできること 研修医としてできること

中安(以下、中):私たちはまだ実習が始まっていない学年なんです。疾患のことは一通り学ぶんですけど、どうしても教科書の中の話としてしか理解することができなくて。

岩住(以下、岩):それに、実習が始まったとしても、医学生にできることは限られているんです。だから、どうやって患者さんと関わっていけばいいのか、想像がつかないというのが、今の率直な気持ちです。

藤田(以下、藤):学生さんにしかできない、患者さんとの関わりもあると思いますよ。私は中学生の頃に発症したのですが、入院していた時、看護学生さんがついてくれていたんです。これからの私の生活がどうなるのかを解説した紙芝居みたいなものを作ってくれて、すごく感動しました。

:そういう風に、身近なお兄さんお姉さんみたいな関係を作れるのは、医学生のうちだからこそかもしれませんね。

大場(以下、大):今回こうして患者さんご本人の体験談を伺えることを、私たちの今後の学びの糧にしていきたいです。

:私は歯科医師なのですが、大学に入ってすぐに教授から「自分と同じ業種じゃない友達をたくさん作ってください」と言われました。医療者として社会に出る前に、世界を広げてほしいという意味だったんだと思います。今回の対談がその機会になることを期待しています。

ときには「放任主義」 医師と患者の多様な関係

:皆さんの主治医はどんな先生ですか?

能勢(以下、能):私の主治医はちょっと特殊かもしれません。患者本人に任せるタイプの先生で、「私は患者じゃないから、患者さんのインスリンの単位数なんか決められませんよ」って言うんです。

秋永(以下、秋):すごいことをおっしゃる先生ですね。

:「あなたは自分の生活のなかで一番いいと思うインスリンの単位数を考えて決めて打ってください。それが患者の仕事です」みたいなことを言われます。でもそれはたぶん、29年という私の病歴や、これまでの付き合いのなかで見えてきた私の性格を考慮して言っていることで、患者さん全員に同じように接しているわけではないと思います。場合によっては手取り足取り、細かく指導なさっているんじゃないかと。

:私の先生も能勢さんの主治医の方と同様に放任主義で、3か月に一度くらいしか伺わなくても大丈夫なんです。それでも私の体調に合わせてちゃんとインスリンの調整をしてくださるので、とても信頼しています。

:普段はどのようなことを相談されているんですか。

:例えば女性の場合、月経周期が血糖値に深く関わってくるんですね。女性ホルモンは、インスリンの作用効果にも影響を与えています。エストロゲンはインスリンの効きを良くし、プロゲステロンは効きを悪くすると考えられています。そのため、個人差はありますが、月経の始まる2週間くらい前の週は血糖がどーんと上がるけれど、始まり出す2〜3日前から急激に落ちる印象があります。他にも、休みの日と働いている日では、運動量もストレスがかかっている量も全く異なってきます。それに合わせてインスリンの量を調整しなさいと言われました。自分で自分の血糖を測っているんだから、それに合わせて量を調整しなさいと。大変そうに聞こえるかもしれませんが、私の場合はそういう方針に変えてから、検査の結果が一気によくなりました。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら