はり師・きゅう師
鍼灸と西洋医学は協働できるか(前編)

チーム医療のリーダーシップをとる医師。円滑なコミュニケーションのためには他職種について知ることが重要です。今回は、東洋医学の国家資格である、はり師・きゅう師を紹介します。日本でも数少ない鍼灸学部のある明治国際医療大学で、はり師・きゅう師の福田晋平助教と、学長であり医師の岩井直躬先生にお話を伺いました。

鍼灸とは何か

先生 ――まず、鍼灸とはどんなものかお教えいただけますか?

福田(以下、福):鍼灸は、体表にある経穴(ツボ)に刺激を与える物理療法です。鍼(はり)は細い金属の針をツボに刺す方法で、灸(きゅう)はモグサに火を付けてツボに乗せる方法です。鍼灸の効果として、痛みや筋肉の緊張を緩和したり、血行を改善したり、自律神経を整えたりすることが挙げられます。副作用が少なく、服薬とも併用できるため、幅広い年齢層の方々に用いることができます。スポーツ障害などの運動器疾患、老年病、内科疾患など、様々な分野で応用可能です。

岩井(以下、岩):「東洋医学においては、内科的アプローチとして漢方薬が、外科的アプローチとして鍼灸や按摩、マッサージがある」と捉えていただけたらわかりやすいかと思います。

――鍼灸を行うには、資格が必要なのでしょうか?

:鍼灸にはそれぞれ「はり師」「きゅう師」という別々の国家資格があり、はり師・きゅう師と医師のみが施術を認められています。資格を取るためには、専門学校や大学の養成課程で3年以上学ぶ必要があります。多くの人は、はり師・きゅう師の両方の資格を取得しますね。資格取得後は、鍼灸院などに勤務して技術を学び、その後独立して開業するのが一般的です。

鍼灸における診断

――鍼灸では、どのようにして患者さんを診断するのですか?

:多くの人は不調を訴えて来院されますので、その人の主訴をじっくり聞きながら診断を行います。東洋医学で用いられる「八綱弁証」という指標を用いてその人の体質を診断したり、舌診や脈診、腹診といった東洋医学的な診察技法によって、硬さや熱、冷えなどがある場所を確かめ、そこが五臓六腑のどこにつながる経路かを診断したりします。治療は、浅くて細い鍼から始め、効果を見ながら太い鍼に変えたり、灸を併用したりします。灸は温熱製品でもありますので、冷えが強い場合は灸を使用することが多いですね。感受性を見極めながら、その人に合った刺激を模索していきます。一人あたりの施術に、長い場合は1時間〜1時間半ほどかけることもあります。

:鍼灸では、東洋医学固有の理論だけでなく、西洋医学の知識もかなり取り入れられています。例えば、筋肉や臓器の場所を知るために解剖学を、刺激による生体の変化を知るために生理学を応用していますし、病理や疾患の概要についてもしっかり学んでいます。切り口やアプローチは違うものの、患者さんに対する接し方は医師と似たところがあると感じますね。時間をかけて問診を行うのは、西洋医学で採血や心電図など多様な検査を行うのと同じような感覚なのかもしれません。

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら