医学教育の展望
健康格差の時代に患者に
寄り添える医師を育てる(前編)

医学教育はいま、大きな変化の渦の中にあります。臨床研修必修化はもちろん、医学研究の成果や新しい技術の開発に伴い学習内容は増加し、新しい取り組みがどんどん進んでいます。そんな医学教育の今後の展望について、最前線で取り組んでいる教育者をシリーズで紹介します。

「健康格差時代」の医学教育

人は自分の生まれる国・時代・家庭を選べない。しかし、生育環境の違いは、教育水準や所得などの格差を生じうる。こうした、本人にはどうしようもない社会的要因が、健康状態に明らかに影響を与えるということが、研究によって次々と示されてきている。このような考え方は「健康の社会的決定要因(Social Determinants of Health,SDH)」と呼ばれ、近年国際的に注目を集めている。今回は、日本では数少ない、医学生がSDHを学ぶための取り組みを行っている順天堂大学の武田裕子先生にお話を伺った。

「社会的に良好な状態」とは何か


埼玉県三芳町の外国人向け健康相談会では、
学生もヒアリングに参加。

WHO憲章の前文では、「健康」を以下のように定義している。「病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること*」。この定義は、医学生なら誰でも聞いたことがあるだろう。だが、意味を十分理解している、と言い切れる人は多くないかもしれない。武田先生自身も、「社会的に満たされた状態」とはどういうことか、長い間理解できなかったという。

「琉球大学病院の総合診療科で外来を担当していたある日、『こいつ、朝から仲間と酒を飲んで、子どももほったらかしで』と、家族に連れられてきた離島の男性がいました。妻を亡くして何年も抑うつ状態でした。朝から仲間とお酒と聞き、『皆さんお仕事は?』と尋ねると、これだから医者は…という風に『離島に仕事なんてないよ』と。仕事があり、決まった時間に通勤するといったことが、健康を保つうえでも大切であること、また、そんな生活が決して当たり前ではないことに、その時気付かされました。」

その後、武田先生は医学教育を通じた国際協力を行う仕事で、アフガニスタンを訪れた。

「病院には、交通事故の術後の患者さんがたくさんいました。最初は医療の出番と思いましたが、次第に、なぜこんなに交通事故が多いのか気になってきました。実は、アフガニスタンでは当時、電力の供給が不安定で信号が機能しておらず、横断歩道もなかった。必要なのは電気であり、安全な道路でした。

国内であれ海外であれ、その地域に特有の社会的な背景があり、そうした状況が健康に深く影響を及ぼしている、と知りました。

その後イギリスに留学したのですが、イギリスではこうした健康の社会的決定要因(SDH)への取り組みを医学部で教育していると知り、非常に驚きました。」

*世界保健機関憲章前文(日本WHO協会仮訳)より

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら