シリーズ連載
医科歯科連携がひらく、これからの「健康」③
医科と歯科が気軽に相談しあう関係へ(前編)

仙台市における地域の医科歯科連携

歯科診療所は全国に約6万8000施設*があり、地域住民の健康を支えていますが、歯科医師と医師が地域で連携する場面はまだ多くはありません。しかし口腔ケアや摂食機能の維持など、特に高齢者のケアにおいて医科と歯科が連携する必要性は高まっています。今回は、仙台で診療を行っている医師の小野寺謙吾先生と歯科医師の吉中晋先生に、地域での医科歯科連携についてお話を伺います。

 

口腔内のことなら何でも相談してほしい

koukoku2――小野寺先生は、主に訪問診療をされているとのことですが、実際にどんなケースで歯科と連携されているのでしょうか。

小野寺(以下、小):口から食べられないなど摂食機能の問題や、歯がグラグラしている、口の中が荒れている、といった口腔内の問題があるケースでは、できるだけ歯科の先生に関わっていただきます。

吉中先生と連携したケースですが、高齢の女性患者さんで、もともとは別の病院に外来で通院していた方がいらっしゃいました。体力が落ちて通院が難しくなり、私が訪問診療の形で引き継ぐことになったのですが、詳しく伺うと、数か月で体重が10キロほど落ちてしまったそうなのです。きちんと食事をとれていない可能性があるので、吉中先生に患者さんの口腔機能を評価していただきました。また、言語聴覚士さんによる舌の動きの評価や、管理栄養士さんによる、旦那さんでも簡単に作れる料理のレシピの提案など、多方面からアプローチしました。すると次第に食事がとれるようになり、3か月くらいで体重が4~5キロ増え、見るからに顔色も良くなり、全身状態も改善しました。

吉中(以下、吉):嚥下・咀嚼の機能が衰えると、十分な栄養が摂れなくなって全身状態が悪化してしまうこともあります。医科の先生の中には「全身が弱ってしまったら、歯を治療したところで、食べられるようにならないのでは」と思われる方もいらっしゃるようです。しかし、歯科医師や歯科衛生士に相談していただければ、口腔機能を評価し、適切な食事形態を選ぶといったアプローチができます。病院でも、在宅でも、チームの一員として歯科領域をうまく活用してほしいですね。

――医師からすると、「どんな状態であれば、歯科の先生に相談しても良いのだろうか」と迷うこともあると思います。

:私としては、口腔内の状態や食べる機能のことで何か気になることがあれば、すぐに呼んでいただきたいですね。歯科医師といえば「歯を削ったり、詰めたり、入れ歯を直す人」というイメージがあるかもしれませんが、口腔ケアや摂食機能を保つことも大きな役割です。最近は、医科で地域に根付いた「かかりつけ医」の重要性が注目されていますが、歯科でも同様に「歯」の治療だけではなく、その人の地域での「生活全体」を診る視点を持ち、かかりつけの歯科医師として診療活動を行っている歯科医師もいるのです。

*厚生労働省「平成27年(2015)医療施設(動態)調査」による

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら