Information Spring, 2017

電子書籍サービス「日医Lib」で、ドクタラーゼの
バックナンバーが読めるようになりました!

●日医Libとは
日本医師会はその時々のスタンダードな医療情報を、会員を中心とする医師に提供しています。その取り組みの一環として、2014年12月、電子書籍サービス「日医Lib」(日本医師会e-Library)の提供を開始しました。

●日医Libの特徴
日医Libアプリ(iOS版・Android版・Windows版・Mac版)をスマートフォンやタブレット、PCにインストールすることで、日医が配信する電子書籍をダウンロードしてご覧いただけます。日医雑誌をはじめ、日本医師会が所有するコンテンツを中心に取り扱っており、今後も医学・医療に関するコンテンツを充実させていく予定です。
日医Libは医療従事者・学術研究者・医学生にとって便利な機能を数多く備えています。ハイライトやメモ、しおりをつけ、それらを日医Libに登録している3台の機器間で同期することが可能です。さらにiOS版には、TwitterやFacebookに投稿できるソーシャル機能、共有登録したメンバー間でハイライトやメモ等を共有できるグループ共有機能が備わっており、他の医師との情報共有や議論に活用できます。
このたび、日医Libにてドクタラーゼのバックナンバーがご覧いただけるようになりました!
ぜひ日医Libアプリをダウンロードし、読書や議論に活用してみてください。
WEB:http://jmalib.med.or.jp/

 

第1回「生命を見つめるフォト&エッセー」作品募集

book

日本医師会が実施している「生命(いのち)を見つめるフォト&エッセー」では、人間や動植物のいのちの輝く一瞬をとらえた写真や、医療や介護に関するエピソードを募集しています。

【賞・応募規定】
●フォト部門
厚生労働大臣賞、日本医師会賞、読売新聞社賞(各1点:賞金10万円、賞状)など
・本人撮影の未発表の作品で、2014年6月1日以降に撮影したもの。
プリントサイズは、キャビネ判(2L)。1人3点まで。

●エッセー部門
厚生労働大臣賞、日本医師会賞、読売新聞社賞(各1点:賞金30万円、賞状)など
・2,000字(原稿用紙1~5枚)以内。パソコン、ワープロ使用の場合、1ページ400字(20字×20行)。

【応募締切】10月5日(木)(必着)

【応募方法】
郵送または公式ホームページから応募が可能です。詳細につきましては、公式ホームページをご覧ください。

WEB:http://inochi-photo-essay.com


「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら