医学生 ×大学職員
同世代のリアリティー

大学職員 編(前編)

医学部にいると、同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われています。そこでこのコーナーでは、医学生が別の世界で生きる同世代の「リアリティー」を探ります。今回は「大学職員」をテーマに大学職員3名(社A・B・C)と医学生3名の6名で座談会を行いました。
同世代

今回のテーマは「大学職員」

学生の皆さんが、履修登録などの時にお世話になる大学職員。普段どんな仕事をしているか、知っていますか?今回は、総合大学の事務職員3名を招いて、医学生がお話を伺いました。

身近だけど意外と知らない大学職員のお仕事

渡邉(以下、渡):皆さんは3人とも同じ大学で働いていらっしゃるんですよね。それぞれどういったお仕事をされているんですか?

社A:うちの大学は総合大学なのですが、事務職員の所属は、本部と部局に分かれています。大学全体の事務を取りまとめるのが本部で、学部ごとに設置されているのが部局です。入職してしばらくは、大抵2年ごとに、本部と部局を交互に異動します。

私は入職後すぐは、本部で学生の就職支援を担当していました。今は法学部の大学院に所属していて、履修登録や授業科目表の作成、大学院入試などに携わっています。

社B:私は最初、本部の奨学金や授業料を扱う部署に配属されました。今も本部にいて、大学で行う様々な会議を扱う部署に所属しています。会議にも、学部の会議、専攻単位の会議、全学の会議など、色々あるんです。それぞれの会議の議事録を作成したり、出欠の取りまとめをしたりしています。

社C:私は、初めは理学部の所属でした。先生たちの勤怠管理をしたり、入試の試験監督などイレギュラーな仕事があれば、それに応じた手当を出したり。今は本部で、大学の運営について評価する部署に所属しています。世界大学ランキングなどに提供する、学生人数や職員の人数のデータを取りまとめたりするんです。

山村(以下、山):大学の職員って、窓口で学生の対応をしてくれる人、というイメージでしたが、そういう仕事ばかりではないんですね。

社C:そうなんです。私自身学生時代は、職員のことを「窓口にいる人たち」としか思っていなかったのですが、実際に働き出してからは、学生さんと接しない部署ばかり回っています。想像とは違いましたね。

岩間(以下、岩):大学職員の人たちって、学生の休暇の時期は何をしているんですか?

社A:想像つかないですよね。私は、学生のときは正直、「大学職員になったら、夏休みは暇なんじゃない?」と思っていました(笑)。でも、そんなことないんですよ。例えば8月は、次の学期の履修登録の準備や、夏に行われる大学院の試験の対応などで、とても忙しいです。冬には入試関係の仕事や、次年度のシラバス作りがある。もちろん部署によって繁忙期・閑散期はありますが、なんだかんだ一年中忙しいですね(笑)。

社C:どの部署でも共通しているのは、年度末と年度初めは業務量が増えることかもしれないです。あとは、入試・オープンキャンパスの前後が忙しいですね。イベントがあると、準備や運営は大変ですが、学生さんや受験生の役に立っている実感があって、とても楽しいです。

職員と学生の関係づくり

社C:働き始めたばかりの頃は、学生さん、特に大学院生の人などと接すると、自分よりもずっと年上だ、というようなこともありました。

社A:「職員だからって、年下相手に敬語を使わせてすみません」と思う時もあります(笑)。同世代の人と話していると、実は自分が学生だった時に同じ授業に出ていた、なんてこともありました。

社C:皆さんは、普段大学職員と接する機会はありますか?

:私の大学は、単科大学で医学部しかないんです。その分職員さんも少なくて、学生と関わる学務課の人は10人くらいしかいません。そのせいか、学生と仲が良く、普段からおしゃべりもしています。

社A:職員と学生さんがたくさんコミュニケーションをとれる環境は理想的ですよね。私が今担当している専攻も、人数がとても少ないので、学生さん一人ひとりにきめ細かく対応できます。でも、相手にする学生さんの人数が多い部署だと、一人ひとりに丁寧に関わる余裕がなくなってしまうのも事実です。

社B:大学職員は、どうしても「対応が冷たい」「たらい回しにされる」などと言われがちですよね。私も学生時代は、職員の対応にもやもやするようなこともありました。

ただ、職員になってわかったこともあるんです。以前、奨学金関連の仕事をしていたのですが、ひとくちに奨学金と言っても、日本学生支援機構や民間の奨学金、大学が出している奨学金など種類がたくさんあって、担当者がはっきり分かれているんです。自分以外の人が何をしているのか全然把握できないので、自分は仕事に余裕があっても、忙しそうにしている人を手伝えないこともある。大きな組織で働くのは難しいですね。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら