グローバルに活躍する若手医師たち

日本医師会の若手医師支援

JMA-JDNとは

Junior Doctors Network(JDN)は、2011年4月の世界医師会(WMA)理事会で若手医師の国際的組織として承認されました。JDNは、世界中の若手医師が情報や経験を共有し、未来の医療を考えて行動するための画期的なプラットフォームです。日本医師会(JMA)は2012年10月に国際保健検討委員会の下にJMA-JDNを立ち上げました。これまで若手医師の集まりは学会や医局、地域、NGOなどの枠組みの中でつくられてきました。JMA-JDNは、多様な若手医師がそれらの枠組みを超えて、公衆衛生や医療分野において自由に自分たちのアイデアを議論し行動できる場を提供したいと考えています。関心のある方は検索サイトやFacebookで「JMA-JDN」と検索してみて下さい。

今回は、JMA-JDNの若手医師より、JMA-JDNの さまざまな活動の報告を寄せてもらいました。

 

第2回欧州日本人医師会青年部会との交流会 in ミュンヘン

JMA-JDN 副代表(外務) 鈴木 航太

昨年のハンガリーに引き続き、2017年4月29~30日にドイツのミュンヘンにて開催された、第2回欧州日本人医師会(JMAE)青年部会とJMA-JDNとの交流会に参加してきました。JMAE青年部会とは、欧州での医師免許取得・就職・専門医取得といった過程をサポートすることを目的としている組織で、主に欧州の医師免許を持ち勤務している医師、または欧州の医学部に在籍している医学生で構成されています。今回の交流会にも、スロバキア・ブルガリア・ルーマニアなど欧州各地からメンバーが集まりました。

まずは、JMAE青年部会とJMA-JDNそれぞれから活動の現況について報告があり、その後、参加者各々が自身のキャリア、各国の医療や生活の様子、今後の方向性といった内容についてプレゼンテーションを行いました。日本で医学を学んだ我々とは違い、文化・言語が異なる環境で医師として勤務する、あるいは医師を目指すのは想像以上の困難があることを感じつつも、その中で日々頑張られている皆様の姿に感銘を受けました。そして、ともすれば孤立しがちな環境で生活している日本人が、このようにface-to-faceで情報交換や相談をできる場があるというのは、非常に心強いだろうと実感しました。更に、地域の基幹病院であるKlinikum Harlaching病院の見学も行うことができ、腎臓内科のCohen教授に直々に病棟・放射線科・救急外来といった院内の様子を案内していただきました。

夜は皆でソーセージや白アスパラガスといったドイツ料理を楽しんだり、翌日にはレジデンツなどの観光名所やビアガーデンにも連れて行っていただくなど、ドイツの食や文化も満喫することができました。

今回、JMAE青年部会の方々と情報交換ができたことは、自分にとって非常に有意義な経験であり、将来についても改めて考えさせられるきっかけとなりました。開催に際してご尽力いただきましたJMAE青年部会の皆様に心より感謝申し上げます。

鈴木 航太
川崎市立川崎病院で臨床研修修了後、慶應義塾大学病院精神・神経科学教室へ入局。2016年4月より同大学大学院博士課程所属。精神科専門医・精神保健指定医。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら