全体ディスカッション(1)

第5回医学生・日本医師会役員交流会 2017.8.24

全国から集まった医学生18名と、日本医師会役員5名で、医学教育における様々なトピックについてディスカッションを行いました。また、医系技官の佐々木昌弘課長(厚生労働省、前・文部科学省医学教育課企画官)をオブザーバーとしてお招きし、コメントを頂きました。

講義や臨床実習への要望

荘子:まず、皆さんが普段、講義や実習を受けているなかで感じることや、疑問に思うことなどを自由に発言してください。

中安:私は、医学生には自由な時間がとても少ないことが問題だと感じます。もちろん、医師になるための知識や技術を身につけることは必要ですが、どんな医師になりたいか考えるためには、多くの人と関わり、様々な価値観に触れることが大事だと思うんです。医学部の授業には、もう少し柔軟性があってもいいのではないでしょうか。

伊東:例えば、座学の講義を動画形式で配信して、学生が好きなときに見られるようにするといいと思います。そうしたら、停止したり巻き戻したりして、自分のペースで学ぶことができますよね。空いた時間は、疑問点やもっと深めたいと感じた点について、先生方に直接質問をしに行ける時間にすると良いと思います。

池尻:臨床実習について、「単なる見学に終始している」という不満がよく聞かれますが、皆さんはどう思っていますか?

大塚:私の通っている岡山大学の臨床実習は、比較的学生が参加できている方だと感じます。学生がカンファレンスで発表したり、担当患者さんの情報を電子カルテに記載したり、実際に手技を行ったりできるんです。ただ、指導医の先生方からのフィードバックが少ないため、意義ややりがいを感じられず、「雑用をしているだけ」と認識している医学生も多いようです。

中居:学生側も、先生方からのフィードバックを待つだけでなく、それまでに講義で学んだことや、他の分野で出会ったことなど、様々なことと結び付けて積極的に学び取れるようになれたらいいですよね。常にアンテナを張って、役に立つと思う知識や経験をどれだけ多く集められるかが、今後の成長につながるのではと思います。

今村(竜):私が臨床実習で一番成長できたと感じたのは、地域の関連病院での実習です。指導医の先生が、休憩時間などに一緒に症例の振り返りをしてくださるんです。何を考え、何に注意しているのか、診療中の先生の頭の中を解き明かすように丁寧に教えていただき、とても勉強になりました。このような学生の実感を、積極的に大学に伝えていきたいです。まずは臨床実習について皆がどう考えているのか、学年ごとにアンケートをとろうと考えています。

【写真左より】

今村 聡先生(日本医師会 副会長)

外山 尚吾(京都大学 医学部 3年 (運営委員))

池尻 達紀(京都大学 医学部 6年 (運営委員))

荘子 万能(大阪医科大学 医学部 6年 (運営委員))

横倉 義武先生(日本医師会 会長)

※学年は掲載時点

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら