医学生×テレビ番組制作スタッフ
同世代のリアリティー

テレビ番組制作の仕事 編(前編)

医学部にいると、同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われています。そこでこのコーナーでは、別の世界で生きる同世代との「リアリティー」を、医学生たちが探ります。今回は「テレビ番組制作の仕事」をテーマに、ディレクター(社A)・音声(社B)と医学生3名で座談会を行いました。
同世代

今回のテーマは「テレビ番組制作の仕事」

皆さんが普段見ているテレビ番組は、どのようにして作られているのでしょうか?今回は、テレビ番組制作に関わる社会人2名に、医学生がお話を伺いました。

テレビ番組制作に関わる様々な仕事

牛久(以下、牛):お二人はテレビ番組制作に関わるお仕事をされているそうですね。

社A:はい。私は地方のテレビ局でディレクターをしています。今は情報系のバラエティ番組や、旅番組などを担当しています。

社B:私は音声を担当しています。出演者の声を始めとした様々な音声を、視聴者に聞き取りやすくなるよう調整するような仕事です。私自身はテレビ局の社員ではなく、音声や照明、カメラなどの制作技術業務を受託する会社に所属しています。

:「ディレクター」ってよく聞きますけど、プロデューサーやADとの違いは何ですか?

社A:プロデューサーは全体を監督・統括する役割です。番組やコーナーを作るときは、まずプロデューサーが大枠や方針を決めるんです。ディレクターはそれを受けて、実際の流れや演出などを考え、ADはそのお手伝いをします。例えば、プロデューサーが美味しいスイーツ特集をやると決めたら、お店を調べて候補を挙げるのはADの仕事です。ディレクターはその中からお店を選んで、何をどんな流れで録っていくかを考え、最終的にできあがったものをプロデューサーがチェックする、という分担です。ただ、ADは東京や大阪などの大きい局にしかいないことも多く、うちのような小さな局ではディレクターがAD業務も兼ねていますね。

大野(以下、大):Aさんは、ADを経ずにいきなりディレクターになったんですね。プレッシャーもありそうですが、若いうちから最前線で経験を積めるのは魅力的ですね。

:音声さんというと、柄の長い集音マイクを持っている人、というイメージですが、合ってますか?

社B:はい(笑)。ピンマイクやハンドマイクでも集音しますが、マイクを付けていない出演者の声などは、長いマイクで拾います。拾った音はその場で聞き、ミキサーという機械で聞き取りやすく調整していきます。

兼瀬(以下、兼):調整というのは、音量を一定にするとか、そういうことですか?

社B:そうですね。あとは、人ごとに声質・音質が違うので、テレビで聞いたときにどの音もなるべく均一に聞こえるよう、イコライザーという音響機械を駆使して音質を調整します。

:ディレクターさんと音声さんは、普段の仕事でどのくらい関わるんですか?

社A:ロケで音声さんに音を録ってもらい、それをディレクターが編集するという分担をしています。「絶対にこの音が欲しい!」という音があったら、あらかじめ伝えておいて、現地で録ってきてもらいます。

社B:例えば、飲食店で揚げ物の調理風景を撮影するとき、油のぱちぱち爆ぜる音を録っておいたり。映像の印象は音で大きく変わりますからね。

社A:そういう音があると、BGMをかけなくてもVTRの出来映えが良くなるのでとてもありがたいです。こちらが特に頼まなくても、音声さんが気を利かせてくれて、自然豊かな場所での撮影時に川のせせらぎや鳥の声などを録って渡してくれる、なんてこともあります。

:お二人が今のお仕事を目指したきっかけは何ですか?

社A:私は小さい頃からドラマが大好きだったんです。中学生の頃は全ての曜日のドラマをチェックしていたほど(笑)。そんなある日、とあるドラマのプロデューサー兼ディレクターの方が、学校に講演にいらしたことがあって。そのお話を聞いて、「テレビを見るだけでなく、作る側になるのもいいな」と思ったのがきっかけです。

社B:私は、見ていた音楽番組の照明の美しさに心惹かれ、初めは照明の仕事に興味を持っていました。光一つで雰囲気をガラッと変えられることに感動したんです。それで、制作技術を広く学べる専門学校に入って、カメラや照明など色々な体験をするうち、音声の仕事に就きたいと思うようになりました。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら