10年目のカルテ

医療界全体で知識を共有し
日本の感染症医療の質を高めたい

【感染症内科】西村 翔医師
(神戸大学医学部附属病院 感染症内科)-(前編)

総合内科から感染症内科へ

原田先生

――先生はなぜ感染症分野を志したのですか?

西村(以下、西):私は感染症内科に来る前、総合内科に勤務していました。総合内科では、不明熱の診断に関わることが多くなります。不明熱については、基本的に感染症・リウマチ膠原病・悪性腫瘍の三つを軸にして診断を行いますが、次第に「感染症のプロはどのように不明熱にアプローチするのか」という部分に興味が湧き、感染症内科で学ぶことにしたんです。

――感染症分野の講座を持つ大学は数が限られますよね。

西:はい。当時は今よりも、臨床の感染症を学べる施設は少なかったですね。感染症分野は、病院全体に感染症が蔓延しないようにコントロールする「感染制御」と、感染症にかかった患者さんの診断・治療を行う「臨床感染症」の2分野に大きく分かれます。日本では感染制御を扱う先生が多く、臨床感染症を学ぶ場は、アメリカ帰りの先生方が立ち上げ始めたところでした。そのうちの一人である岩田健太郎先生のもとで学ぼうと、神戸大学に来ました。

(クリックで拡大) 1week

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら