「食べる」×「健康」

「食べる」×「健康」を考える①(前編)

食べる・噛む機能の維持が毎日の「小さな幸せ」につながる

今回は宮城県内の医科・歯科・看護・管理栄養分野の学生たちが座談会を行いました。

食べることは、ただ単に栄養を摂るだけでなく、楽しみや生きがいにつながっています。読者の皆さんにとっては、「口から食べられる」ことは当たり前のことかもしれません。しかし、「食べる」ためには「食事を用意する」「口に運ぶ」「噛む」「飲み込む」「消化する」必要があります。特に高齢になると、様々な理由でその機能が低下してしまうことが多いため、様々な専門性を持った医療系多職種が連携し、それぞれの機能をサポートしたり、機能の低下を予防することが必要になります。

この連載では、医療系多職種の学生が、食べることや健康を支えるために、どのように関わっていけるかを考えていきます。

多職種で支えるって?

koukoku

編集部:皆さんの学部では、食事や口腔内の健康、栄養を支えるために多職種が連携することについて、どの程度学んでいますか?

石山(医学部):医師が栄養に目を向けることは大事だと思いますが、実習の印象ではチームによりけり…という感じです。

桃北(歯学部):授業の中で、医科と歯科が連携して周術期管理を行うことが大事と言われてはいます。

門脇(看護学専攻):私は実習先の病院で連携の現場を見ることができました。看護師は、毎日患者さんの食事の状況を記録するのですが、ある患者さんが食事を食べきれないことが続いていました。そこで看護師が点滴の際に「何か嫌いな食べ物はありますか?」と聞くと、「ずっと家畜の世話をしていたから、肉類はあまり食べられないんだ」と話してくれたんです。そこで、その分のカロリーを補う方法をカンファレンスで話し合い、管理栄養士にお任せしたというケースがありました。

有馬(歯学部):門脇さんの経験のように、連携って単に患者さんを紹介し合おうというだけではなくて、もっと深いものですよね。様々な職種が、「患者さんが人生をどう幸せに過ごすか」をサポートする形が理想だと思っています。食べることは、その方の小さな幸せにつながるので、それを多職種で支えたり、少しでも長く機能を保てるように働きかけることは大切だと思います。

koukoku

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら