case study①学校に出向いて見守る学校医(前編)

養護教諭と共に子どもたちに深く関わる

松江市立津田小学校では、子どもたちの健康を支えるために、学校医と養護教諭が密に連携をとっています。学校医であり、地域の小児科クリニック「ぽよぽよクリニック」院長の田草雄一先生と、津田小学校の養護教諭の加藤尚子先生・奥田夏実先生にお話を伺いました

島根県松江市

松江市は、かつて松江藩の城下町として栄えた、山陰地方の中核都市。生活利便性や教育・子育てなど、地域の暮らしやすさを貨幣価値に換算した2015年の経済産業省の調査で、松江市は暮らしやすさが全国1位と判定された。

「学校に行く」学校医

田草先生は津田小学校の学校医として、健康診断と健康相談、健康教室などを担当しています。先生のモットーは、師匠と仰ぐ医師の言葉でもある「学校医は学校に行こう」だそうです。

「学校医が学校へ行く機会はあまりなく、普通は年に数回、健診に呼ばれるくらいですよね。それに、健診はどうしても流れ作業になり、子どもたちと十分接することはできません。でも私は、それではもったいないと思うんです。子どもたちにも保護者の方々にも、先生たちにも求められる学校医になるため、私は頻繁に学校に足を運び、自らも楽しみながら学校医を務めています。」

では、田草先生は具体的にどのような取り組みを行っているのでしょうか。

一つは、子どもたちと保護者を対象とした個別の健康相談です。田草先生は月に1回学校に出向き、話を聴く場を設けています。

「子どもたちから寄せられる相談内容は、お腹が痛くなってしまう、怪我をしやすい、忘れ物が多いなど、素朴なものがほとんどですが、親にも先生にも相談しにくいようなことを打ち明けられる場になっているようです。一方、保護者の方々からの相談は、夜尿や、爪を噛むなどの癖、身長・体重についての心配などが多いです。それらの中から受診が必要な事例が見つかることも時々あります。」

田草先生はまた、子どもたち向けに「健康教室」の授業もしています。

「喫煙防止教室では先生に協力してもらい、身近な人にたばこを勧められても断るというロールプレイを行ったり、命の授業では、聴診器で互いの心臓の音を聴くワークを行ったりしています。参加型にすることで、みんな興味深く聞いてくれますよ。」

 

(左)参加型の喫煙防止教室。
(右)肺気腫の患者さんの息苦しさを知り、気持ちを考えてみよう!

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら