case study②地域と密接に関わる学校医(前編)

「生きる力」を身につけさせる

更別村では、思春期前後の子どもたちに「ライフスキル」を身につけてもらうことを目的として、学校保健活動の一環として「さらべつほーぷ」という活動を行っています。更別村国民健康保険診療所の所長であり、村内の学校医を一手に引き受けている山田康介先生にお話を伺いました。

北海道河西郡更別村

更別村は、帯広市の南に位置する、人口3000人余りの小さな村。村名の由来はアイヌ語の「サラベツ」(「蘆が茂る沢」)。総面積の70%を耕地が占め、農業の大規模化・機械化が進む。主産物はじゃがいもや小麦、豆類、甜菜など。

ライフスキルを育む出前授業

山田先生が「さらべつほーぷ」を立ち上げるきっかけとなったのは、日頃から乳幼児健診などで交流のある保健師から「未婚で母子手帳をもらいに来るお母さんが増えている」と相談を受けたことでした。

「私自身、普段の診療や学校医活動を通じて、気になっていたことがありました。それは、村外の学校に進学し、成人して帰ってきた子たちの中に、生活習慣が乱れている子が非常に多いことです。肥満気味だったり、喫煙していたり、予期せぬ妊娠をしてしまったり…。中学生までは皆、素直でいい子だったのに、なぜそうなってしまうのか。考えた結果、『田舎で純粋に育った更別の子たちには、外の刺激の強い世界に触れたとき、友達の悪い誘いを断ったり、メディアの情報を吟味する力が足りないのではないか』と思い至ったんです。」

状況を何とか改善できないかと調べるうち、山田先生は「ライフスキル*」という考え方があることを知りました。

「すると偶然、保健師さんも同じようにライフスキルに注目していたんです。じゃあ二人で何かやってみようという話になり、『さらべつほーぷ』の活動が始まりました。

具体的な活動としては、学校で出前授業を行うなどしています。例えば次回は中学校の授業に出向いて、対人スキルを学ぶグループワークを行う予定です。このワークでは、他人から何かに誘われたときを想定して、選択肢を洗い出してそのメリット・デメリットを検討し、よく考えてから答える"stop‐think‐go"という枠組みを学びます。」

実積を積み上げる

「さらべつほーぷ」の仲間は徐々に増えていきました。保健福祉課で勉強会を行った際にソーシャルワーカーが一人加わり、その後も高校の養護教諭が一人、高校の国語教諭が一人、子育て中のお母さんが数人…と加わって、現在は六人で活動しているそうです。

ただ、「さらべつほーぷ」の出前授業を、中学校の時間割の中に組み込めるようになるまでには、時間がかかったと言います。

「学校は、非常にタイトなカリキュラムの中で授業をしており、新しい試みのためにわざわざ時間を作ることは非常に難しい様子でした。そこで私たちは、小学校のPTAで研修会を行ったり、自分たちで場所を借りてワークショップを開き、地域の子どもたちを集めたりして、少しずつ実績を作っていきました。その実績を持って校長室などへ足しげく通い、提案を繰り返したことで、3〜4年かけてようやく中学校で出前授業を持てるようになりました。」

 

「さらべつほーぷ」の皆さん。

 

*ライフスキル…WHOによれば、「日常の様々な問題や欲求に対し、より建設的かつ効果的に対処するために必要な能力」と定義されている。例えば、情報を吟味して、良いか悪いかを判断する力や、友人に誘われても、自分の気持を大事にして上手に断る力などが挙げられる。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら