医学生×臨床心理士
同世代のリアリティー

臨床心理士 編(前編)

医学部にいると、同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われています。そこでこのコーナーでは、別の世界で生きる同世代との「リアリティー」を、医学生たちが探ります。今回は若手の臨床心理士(社A・社B)と医学生3名で座談会を行いました。
同世代

今回のテーマは「臨床心理士」

大学の学生相談室や病院に勤務する臨床心理士がどんな仕事をする人たちか知っていますか?今回は、臨床心理士2名に、医学生がお話を伺いました。

臨床心理士を目指したきっかけ

社A:私は臨床心理士になって4年目で、現在は総合病院に勤めています。

社B:同じく4年目で、クリニックと学校の学生相談室を掛け持ちしています。

村石(以下、村):臨床心理士というと、他にはどんな職場があるのですか?

社B:代表的な職場は病院や教育現場ですが、企業などの産業領域にも広がってきています。児童相談所などの福祉施設、少年鑑別所や家庭裁判所などの司法関係の施設で働いている方もいます。

岩住(以下、岩):臨床心理士は、大学の学部卒業後に大学院で専門のコースを修了して資格を取得すると聞きました。

社B:はい。臨床心理士になるには、原則、臨床心理士指定大学院を修了し、臨床心理士資格試験を受ける必要があります。心理系の学部出身者以外にも大学院の門戸は開かれているので、幅広い学部の出身者がいるんですよ。医師は例外で、2年の心理臨床の経験があれば受験資格を得られます。

:お二人はどうして臨床心理士になろうと思ったのですか?

社A:高校の頃の倫理の授業でフロイトの夢判断などのことを知って、こういうことが活かせる仕事って面白いなと思ったのが、最初のきっかけですね。学部では教員免許も取得したのですが、やはり心理のスペシャリストとして人に寄り添いたいと思って、臨床心理士の道を選びました。

社B:私は子どもの発達に興味があって、学部時代は主に発達心理学の勉強をしていました。私も幼稚園の教員免許を取得したのですが、自分が現場で先生として働くよりも、働いている人たちを支援する仕事がしたいと思うようになって、臨床心理士を志しました。

社会的な側面から患者さんをみる

横島(以下、横):臨床心理士は、患者さんに対してどういうアプローチをするのですか?

社B:精神科では、生物学に基づく医療的措置をしていますよね。対して、臨床心理士は薬の処方等はできません。臨床心理学の知見に基づいて、認知行動療法や精神分析療法など、医師とは異なる介入を行います。

社A:介入方法を検討する際には、患者さん本人のことだけでなく、ご家族や入院前の生活、これまでどんな人生を歩んで今があるのか、といった社会的な側面も考慮します。

:病院の場合は、どのように臨床心理士に依頼が来るのでしょうか?

社A:私の勤務する病院の場合、最初の依頼は精神科に来ます。医師と一緒に患者さんの所に行って、医師が継続的に診た方がいいのか、臨床心理士も介入した方がいいのかを振り分けたりします。例えば、「夜中に激しく暴れてしまう患者さんがいて、術後せん妄のようなので一度精神科で診てください」というような依頼が来ますね。がんや慢性疾患からのうつ病や、病棟を徘徊している患者さんについての依頼などもあります。

社B:臨床心理士が患者さんのパーソナリティや知的能力などをアセスメントし、その結果をもとに医師が診断を検討することもあります。例えば、患者さんが就寝する際の行動などが一見不思議に思われて、医療者からしてみると「せん妄かもしれない」と疑うような場合でも、よくお話を伺うと、実際にはその患者さんの家での習慣だったり、無意識にやっているルーティンだったり、ということがありました。

起こっている事象だけでなく、患者さんの生活背景等も踏まえて考えないと、適切な介入ができなかったり、ときには患者さんの尊厳を奪ってしまうことになります。私たちが関わり、ご本人やご家族からお話を伺うことで、患者さんをより多面的にとらえることにつながれば、と思っています。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら