レジデントロード

【耳鼻咽喉科】田中 亮子先生
(長岡赤十字病院 耳鼻咽喉科)-(前編)

田中先生

――先生が耳鼻咽喉科を選んだ理由を教えてください。

田中(以下、田):5年生の臨床実習中に鼓室形成手術の見学をしたことが、耳鼻咽喉科に興味を持ったきっかけですね。「こんなに小さな骨が音を伝えているんだ!」と感動を覚え、6年生の時にもう一度耳鼻咽喉科を回ることにしたんです。その時は、1歳の先天性難聴の男の子が、人工内耳手術を受けてから、初めて人工内耳を通して音を聞くところまで、一連の流れに立ち会うことができました。診断から手術、術後のフォローまで全てに関われるところに強く惹かれ、耳鼻咽喉科に進むことを決めました。

――卒業後、臨床研修はどちらに行かれたんですか?

:今の勤務先でもある、長岡赤十字病院です。臨床研修後は大学に入局するつもりでいたので、市中病院を選びました。1年目は主に必修分野を、2年目は耳鼻咽喉科を中心に、関連する様々な科を回っていきました。

――2年目には、どのような科を回っていったのですか?

:耳鼻咽喉科は甲状腺関係の疾患を扱うことが多いので、内分泌内科は回っておこうと考えました。呼吸器内科も、耳鼻咽喉科と関連する疾患が多いので、勉強になりましたね。形成外科とは今も一緒に手術することが多いですし、綺麗な縫い方が身についたことで、手術にも自信がつきました。

――現在は専門研修2年目とのことですが、どのような経験を積んできましたか?

:入局した卒後3年目の5月から、市中病院の外来でも診療するようになりました。それまでに、臨床研修で半年近く耳鼻咽喉科を回り、入局直後から診療の基礎についての集中講義も受けてはいましたが、外来初日はとても緊張しましたね。

現在は、週に4日外来に出ています。難しい症例や、手術の術式に迷う場合は上司に相談しますが、甲状腺の摘出や半切、耳下腺の良性腫瘍や扁桃摘出、内視鏡下副鼻腔手術などは、基本的に自分で診断して手術を決められるようになりました。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら