チームで負担も喜びもシェアしながら、
大好きな栃木県で在宅医療に従事する
~鶴岡 優子先生~(前編)

松本先生

今回は、栃木県で多職種の集う勉強会「つるカフェ」を開催して連携を深めながら、夫婦二人で在宅医療に携わっていらっしゃる、鶴岡優子先生にお話を伺いました。

「町のお医者さん」になる

滝田(以下、滝):鶴岡先生は、順天堂大学をご卒業後、自治医科大学の医局に入り、関連病院で地域医療の経験を積んだ後、栃木県下野市で開業されました。まずは、自治医大に入局された経緯を教えてください。

鶴岡(以下、鶴):学生の頃から「町のお医者さん」になりたいという思いがありました。大学の同級生だった、後の夫も同じような将来像を描いていて、彼は自治医大で地域医療を学ぶと既に決めていたんです。一方私は出産もするだろうから、若いうちに臨床経験をたくさん積もうと、市中病院で2年間ローテート研修を受け、3年目に自治医大に入局、それと同時に結婚しました。

:そこから、ご主人と一緒に関連病院を回られたんですね。

:はい。自治医大は全国各地で地域医療の様々なモデルを築いていますから、とても勉強になりました。なかでも印象に残っているのは、入局1年後に赴任した一関市国民健康保険藤沢病院です。ここは藤沢町で唯一の病院で、病棟や外来の他、手術や在宅も経験でき、活気に溢れていました。私たち夫婦はこの地で家族を増やしたいと考え、院長先生にそう正直に相談しました。いざ妊娠すると先生は本当に喜んでくださり、一瞬でベビーシッターまで決まり、びっくりしました。産休中も同期のレジデントが1か月ごとに代診に来てくれました。

:病院内はもちろん、医局からもサポートがあるというのは、とても心強いですね。

主治医になりたかった

main インタビュアーの滝田先生、栃木のゆるキャラ「とちまるくん」と共に。

:その後も先生は3人のお子さんを育てながら臨床・研究に携わられていますね。開業を意識されたのはいつ頃でしたか?

:大学病院の総合診療部(当時)に所属していた頃です。大学病院には、レジデントから上級医までたくさんの医師がいて、チームで動いていたため、安心感もやりがいもありました。しかしその一方で、「自分は主治医になりきれていないな」とも感じていました。その頃はちょうど上の子の学童保育が終わる時期でもあり、開業したら自分で自由に時間のマネジメントができるかな?という期待もあって、夫婦で開業することにしたのです。

:実際に開業されてみていかがでしたか?

:思っていたほど甘くはなかったですね。主治医として患者さんと濃密な関係を築けるようになった一方、夫婦二人で24時間体制の在宅医療を続けることに必死で、負担は重くなりました。せめて食卓では仕事の話をしないと決めていたんですが、緊急の電話が鳴るたびに、子どもたちにも心配をかけていたのではないかと思います。藤沢病院の時は在宅を100軒くらい担当していても平気だったのに、今はどうしてこんなに大変なんだろう…と不思議だったのですが、開業から3年ほど経った頃、「藤沢病院では、院内の多職種のサポートがあり、地域の方々や行政の方々の顔が見えていたから、うまくいっていたんだ」と、ようやく気付いたんです。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら