「食べる」×「健康」

「食べる」×「健康」を考える②(前編)

「食べる」・「噛む」を支えるため私たちには何ができるか

首都圏の大学に通う、医科・歯科・薬科・看護分野の学生が、食べることに関する座談会を行いました。

食べる機能や噛む機能は、人のQOLに大きく関わります。今回は医科・歯科・薬科・看護分野の学生が集まり、食べるとはどういうことか、その機能を支えるために何が必要なのかを考えました。

「食べること」の様々な側面

syuugou

編集部:皆さんは「食べること」についてどのような関心を持っていますか?

山村(医):僕は将来精神科領域に進みたいと考えていて、拒食・過食などの摂食障害に関心があります。

遠藤(看):私は看護学部を卒業して、現在保健師を目指して大学院に通っています。生活習慣病などに関心があり、食事は人の生活にとって、非常に重要な要素だと思っています。

柳田(歯):歯科補綴学や摂食嚥下機能に関することなど、高齢者の歯科医療に興味があります。

池田(薬):「地域医療・在宅医療研究会」というサークルに所属していて、在宅療養中の方のお話を聞くなかで、嚥下能力の維持が大切だと感じるようになりました。

植田(薬):病気によっては、薬だけでなく、食事の面からのアプローチが功を奏することもあります。授業では薬学以外の分野はなかなか扱われませんが、「食べること」についてもっと学びたいと思って参加しました。

編集部:皆さんの専門分野では、「食べる」に関連する内容は、どのように学習しますか?

植田(薬):授業で食に関連する内容が出てきたのは、主に管理栄養学の分野ですね。経管栄養や中心静脈栄養など、食べられなくなった人が、いかに栄養を摂取するかについて学びました。

山村(医):覚えている範囲だと、代謝学の授業では、ビタミンの働きなどに触れましたね。

柳田(歯):栄養に関する基礎的な内容は、2年生の生化学、3年生の衛生学、4年生の口腔内科学の授業でしっかり学びました。診療科ごとの授業が始まってからも、勉強する機会はあります。

遠藤(看):「食」に関わる内容はどの学年でも出てきました。4年間を通して、少しずつ学んできたと思います。

member

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら