Interview【日本医学会会長に聴く】(前編)

医学という広大な知の体系を見つめつつ、
一人の人間として命と向き合う

医師が研究に携わることにはどのような意義があるのか。医師として、また研究者として、果たすべき責務とは何か。日本医学会会長の門田守人先生に、ご自身の経験も踏まえてご意見を伺いました。

移植医療の課題を乗り越えるために

――門田先生は、2017年より日本医学会の会長を務められています。先生ご自身は、どのようなきっかけで研究の道に進まれたのでしょうか?

門田(以下、門):肝臓移植に関心を持ったのがきっかけです。我々が学生の頃は、先輩に紹介してもらった病院に実習に行き、医師の手伝いをするといったことを学生が自主的にやっていました。その時に出会った肝硬変の患者さんに大きく影響されたような気がします。その患者さんは私と年の頃はそう変わらないような人でした。体のどこが痛むというわけでもなく、本人は病識がないものだから、調子の良い時には夜中に抜け出して酒を飲みに行くなんていう破天荒な人で、結果的に実習中に亡くなってしまいました。そんな患者さんの姿を見ていて、肝硬変や末期の肝不全をどうしたら助けられるのかと思ったことが始まりでした。1960年代後半のことで、この頃にはアメリカで肝臓移植の成功例が報告されるようになってきていた。日本は臓器移植の分野では海外に大きく後れをとっていたけれど、1968年に札幌医大で日本初の心臓移植が行われたことで、社会的にも臓器移植に関心が高まっていた時期でした。それで、「よし、自分は肝臓移植をやっていくぞ」と心に決めたんです。

――国内で臨床で肝臓移植に取り組んでいるチームはほとんどない時期でしたよね。

:そうでしたね。だから色々な課題に直面しました。臓器移植で特に問題になるのが、拒絶反応です。今でこそ様々な免疫抑制剤がうまく使われるようになったけれど、当時の薬は今ほどの効果もなく、副作用も強かった。そこで我々は、免疫抑制剤を使わずに臓器移植の拒絶反応を予防する方法を研究することにしたのです。

――移植医療の課題を乗り越えるために、免疫に関する研究が必要だったんですね。

:はい。もちろん人で実験することはできないから、ラットで何度も移植手術を行い、免疫学的エンハンスメントという考え方を応用して拒絶を抑制することができないか、実験を繰り返しました。最初はラットの肝臓を入れ替える移植手術をやっていたんだけど、どんなに移植しても全部失敗で、1年くらいはやれどもやれども成果が出ないという日々が続いた。我々は、免疫学的エンハンスメントについて研究したいのに、その手前のラットの移植手術の手技が安定しない。この方法では無理だと諦め、心臓移植に切り替えたことで、ようやく研究が前に進み始めた、ということもありました。

――やはり、一朝一夕に結果が出るものではないのですね。

:そうですね。移植の場合は特に、ドナーとレシピエントのラットの組み合わせによって、成功するか否かが大きく左右されます。私の場合、方法を変えて色々と試行錯誤しているうちに、偶然相性のいい組み合わせに出会って、免疫学的エンハンスメントの導入に成功した。研究というものは運による部分も大きいと思う。けれど、今の日本の学術研究環境は、期限付きのポストが多く、研究資金にも制限が多い。日本医学会としては、研究者が短期間での結果に振り回されず、試行錯誤しながらじっくり研究に取り組めるよう、政治に対してもっと強く意見を表明していかなければと思っています。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら