Interview【基礎研究に携わる医師】(前編)

医学部で学んだ経験は基礎研究に活きてくる

物理から化学、そして医学へ

――研究者を志すようになったのはいつ頃からですか?

鈴木(以下、鈴):高校生の頃から、研究者になることに漠然とした憧れを持っていました。私はもともと理論物理に興味があり、高校卒業後は東京大学理科一類に進学しました。宇宙の成り立ちにロマンを感じていたのです。ですが、いざ入学してみると、同じ理論物理志望で、「この人たちにはとても敵わないな」と思うような学生がたくさんいました。数学の演習の授業で、私が難しい問題にかじりつき、何とか解答を導き出している隣で、彼らはものの数分で答えを出している。理論物理は私の進む道ではないのかもしれないと感じ、有機化学、特に有機合成の分野を選びました。

――そのまま有機化学の道に進まず、医学部に再入学されたのはなぜですか?

:実は、なぜ医学部に来たのか、はっきりとした理由を説明するのは難しいんです。新しい物質を作り出せる有機化学の研究も、非常に面白いと感じていましたから。あえてもっともらしく言えば、「人の体の仕組みを知りたい」ということと、「若いうちにもう一回何か新しいことにチャレンジをしたい」という気持ちが強かったように思います。修士1年の夏に大阪大学医学部の学士編入学試験に合格したので、大学院を中退して再入学しました。

当時の阪大医学部のカリキュラムでは、3年生の秋に、基礎系の研究室に配属される機会がありました。私は微生物病研究所(微研)に配属になり、そこで免疫学の研究に出会ったのです。分野こそ違えど、有機化学の世界で研究のいろはを叩き込まれていたため、免疫学の研究にもすんなりと馴染むことができました。微研では、学生時代から研究発表の機会も頂き、高いモチベーションを保つことができました。先生方には非常に感謝しています。

Dr.Suzuki――先生は研究室に所属される前に、阪大病院で臨床研修を受けられていますね。

:ええ。私が卒業した時点では、まだ臨床研修は必須ではなかったのですが、医学研究に携わる以上は、臨床も経験しておくべきだという思いがありました。

臨床研修で実際に患者さんに接することは、非常に楽しくやりがいがありました。このままずっと臨床をやっていくのもいいかな、とも思いました。そんななか、学生時代から指導をしてくださっていた先生から「また研究をやってみないか」とお声がけいただきました。そこで研修を1年で切り上げ、本格的に研究の道に進むことにしました。微研で博士号を取得し、その後カリフォルニア大学サンフランシスコ校に留学しました。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら