Interview【臨床研究に携わる医師】(前編)

より良い治療法をより多くの人のもとへ

アメリカで生まれ、日本の医学部へ

――田中先生が医師になろうと思ったのはいつ頃でしたか?

田中(以下、田):医師という職業に興味を持ったのは、高校生の頃ですね。私はロサンゼルスで生まれ育ったのですが、高校の授業で猫の解剖をしたことで、生命の神秘に強く惹かれるようになりました。また、病院でボランティアとして働いた経験も影響していると思います。日本人の患者さんの通訳をしたり、がんの子どもたちのためにクリスマスパーティーを開催したりといった活動をするなかで、徐々に「医師になって患者さんのために働きたい」という思いが芽生えていきました。

もともとはアメリカで医学部に進学するつもりでしたが、次第に「日本の医学部に行きたい」と考えるようになりました。昔から日本に対する憧れは強く、また病院のボランティアで日本人の患者さんと話している時も、アメリカ人と話すよりどこかわかり合える気がして、「日本の人のための医療をしたい」と思うようになったんです。
ただ両親は、私が日本に行くことにも、医師になることにも反対していました。私の親も親戚も、実業家の道に進む人が多く、医師という職業にあまり理解がなかったんです。そこでまず奨学金を得て早稲田大学の国際学部に留学し、同時に帰国子女向けの予備校にも通って、1年後に東海大学医学部に入学しました。

新しい研究領域とともに歩む日々

――いつ頃から研究に興味を持っていましたか?

:学生時代から興味がありました。臨床では、目の前の一人ひとりの患者さんしか治せないけれど、研究で発見したものは、世界中の人の治療に使われるかもしれない。そうなったら、自分が生きてきた証をこの世に残すこともできると思うんです。私は幼い頃から、自分が生まれてきた意味について考えるような人間でしたから、そういうところに非常に魅力を感じました。

――形成外科を選ばれたのはなぜですか?

:5年生の時、アメリカのウェイクフォレスト大学に半年間留学し、臨床実習をしたことが直接のきっかけです。アメリカでは、学生でも、研修医のサポートを受けながら患者さんの治療計画を立てたり、実際に手術に入って縫合したりすることができるんです。そうして臨床現場に出ていくうちに、「患者さんが社会復帰してより良い人生を送れるような支援をしたい」と考えるようになりました。形成外科を志した理由には、もともと解剖が好きだったこと、実習中に機能を再建することの凄みを肌で感じたこと、また再生医療の研究に興味があったことなどがあります。手術と再生医療、臨床と研究の両面から、機能の再建について突き詰めたいと考えたんです。

――卒業後は2年間臨床研修をされ、その後すぐ大学院に入学されていますね。

:はい。最短で学位と専門医を取り、早く大学のポストを得ようと考えたんです。

大学院生活は非常に忙しかったですね。研究と並行して臨床でも症例を集め、大学院修了と同時に専門医資格を取りました。ニューヨーク大学の先生と共同でアメリカの大型の助成金に応募したらそれが採択されたため、ニューヨーク留学もしました。

――田中先生は現在、難治性四肢潰瘍の研究をされていますが、このテーマに辿りついたのはいつ頃ですか?

Dr.Tanaka:大学院1年目の時ですね。その年、血管内皮前駆細胞(EPC)を発見された浅原孝之先生が、東海大学に赴任されたんです。先生は、EPCを利用して下肢虚血性疾患などの治療法を探る臨床研究もされていて、私が、足の難治性潰瘍の専門外来を立ち上げることになりました。当時の私には足病変に関する知識はほとんどありませんでしたが、当時の形成外科の主任教授だった谷野隆三郎先生が「形成外科にかかる患者さんの中で、最も再生医療を必要としているのは、潰瘍で足を切断しなくてはならない人たちだ。でも、今の日本には足病変の専門家はほとんどいない。だから君も、これから勉強していけばいい」とおっしゃって。それがきっかけで、難治性四肢潰瘍の勉強と研究を始めることになりました。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら