医学生×薬剤師
同世代のリアリティー

薬剤師 編(前編)

医学部にいると、同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われています。そこでこのコーナーでは、別の世界で生きる同世代との「リアリティー」を、医学生たちが探ります。今回は「薬剤師」をテーマに、病院薬剤師(薬A・薬B・薬C)と医学生3名で座談会を行いました。
同世代

今回のテーマは「薬剤師」

病院や薬局などで薬をもらうときに、皆さんもお世話になっている薬剤師。今回は、病院で勤務する薬剤師3名に、医学生がお話を伺いました。

薬剤師を目指したきっかけ

吉川(以下、吉):皆さんは、どうして薬学部に進学されたんですか?

薬A:私は子どもの頃から、救急医療の現場に密着したテレビ番組などがすごく好きで、医療系の仕事に就きたいなとはずっと思っていました。小学生の頃は、医療系のお仕事って「お医者さん」と「看護師さん」しか知らなくて、自分は看護師かなってなんとなく思っていたのですが、なぜか両親や周囲から、多分向いてないよって言われて(笑)。ちょうどその頃、小中学生向けの様々な職業を紹介する本がベストセラーになっていたのですが、それを読んで、医療系の職種って色々あるんだということを知りました。中学・高校で理科や化学の実験が面白いなと思うようになってきて、実験ができる医療系の仕事となると薬剤師かなと思って、目指すようになりました。

薬B:私は漠然と、人と関わる、人の役に立てるような仕事がしたいなと思っていました。一時は看護師になることを考えていたのですが、化学などの理系の科目が好きだったので、その辺りの専門性や知識をより活かせる仕事がいいなと思って、薬学部を選びました。

大場(以下、大):薬学部に行く人って、化学が好きだから薬学部を選択するというイメージがありました。でもそれだけではなくて、人と関わる仕事をしたいという思いを持って進学している人も多いんですね。

薬C:もちろん、純粋に化学が好きだからという理由で薬学部に入る人もいます。でも、私たちのように病院を勤務先に選んだ薬剤師には、人と関わる仕事に就きたいという気持ちが根底にあって薬学部に入った人が多いかもしれませんね。

薬学部を出た後の進路はいろいろ

小坂(以下、小):薬学部を出て製薬企業の研究・開発職等に就く方もいますよね。薬学部卒業後の進路って、選択肢の幅が広いイメージがあるのですが、具体的にはどういうものがあるのでしょうか?

薬A:まず挙げられるのは、病院・薬局・保健所などに薬剤師として就職すること。でもおっしゃる通り、薬剤師として就職する以外にも様々な選択肢があります。製薬企業の中の研究・開発部門のほか、品質管理の仕事に就いたり、MR(営業職)に就く人もいます。

薬B:その他にも、治験コーディネーターとして治験のサポートに携わったり、PMDA(医薬品医療機器総合機構)のような行政機関で医薬品の承認審査や安全対策、健康被害救済に関わるような仕事もあります。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら