「食べる」×「健康」

「食べる」×「健康」を考える③(前編)

「食べる」「噛む」を支えるために学生のうちから連携したい

北海道の大学に通う、医科・歯科・栄養科分野の学生が、食べることに関する座談会を行いました。

食べる機能や噛む機能は、人のQOLに大きく関わります。今回は北海道の大学に通う医科・歯科・栄養科の学生が集まり、医療職として臨床に出てから「食べること」と「健康」を支えるために、学生のうちにどのようなことができるかを考えました。

「食べること」への関心

syuugou

編集部:皆さんは、どういう経緯で「食べること」に興味を持ったのでしょうか?

佐々木(栄):両親が共働きだったので、よく弟に食事を作っていたのですが、自分の作ったものを「美味しい」と食べてもらえると嬉しいんですよね。食事で人をサポートしたいと思い、栄養士を目指しています。

鈴木(栄):両親ともに医療職なので、私も医療職になろうと思っていました。母が料理好きだったことと、祖父の嚥下訓練を見ていたことが、栄養士を目指したきっかけです。

杉村(歯):私は父が歯科医です。何度入れ歯を直しても痛みが出て、本当は食べたいのに食べられない患者さんを、小さい頃から間近に見てきました。歯がなくならないように保つこと、歯がなくなっても美味しく食べられる方法に関心があります。

重堂(医):口から食事を食べられることが全身の健康状態の改善につながるとは聞いたことがありますし、歯周病によって発症リスクが高まる疾患が多いことも学びました。けれど、医学部では食べることについて学ぶ機会があまりないため、考えるきっかけになればと思い参加しました。

編集部:医学部以外の皆さんは、授業で「食べること」に関連する内容を学んだことはありましたか?

佐々木(栄):私は、「自分で自分の栄養状態を評価することにはリスクもある」という話を授業で聞きました。食事やカロリーを意識して健康を維持しようとするのは良いことですが、過度なダイエットは、ときには摂食障害などにもつながります。数値ばかりにとらわれないよう、専門家が正しい知識を伝えたり、介入することが必要なのだと学びました。

杉村(歯):私は授業を通じて、自分の歯を残すことの重要性を改めて感じました。歯科では、歯を失った場合の様々な治療法について学ぶのですが、例えば、歯を失ったときに用いるブリッジという装具には、隙間に食べ物のカスが溜まりやすいという欠点があります。また、入れ歯も実はすごく口に負担がかかると言われています。口の中って敏感で、髪の毛が1本入っただけでも気が付きますよね。その中に人工物を入れ、食べ物を挟んで動かすわけですから、異物感はかなり強いんです。ではインプラントにすればいいかというと、確かに身体的負担は抑えられますが、お金もかかるし、治療にはかなりの時間をとられてしまいます。自分の歯を残しておくことは、思っていたよりずっと大事なことなんだな、と思いましたね。

 

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら