case study 脳梗塞の場合(前編)

事例1 58歳男性、会社員

自宅で飲酒後に入浴し、リビングで2時間ほどうたた寝をして起きたところ(午後10時半)、右半身に脱力感を覚え、呂律が回らなくなっていることに気づいた。しばらく様子をみたが症状が改善しないため、家族が救急車を要請し、大学病院に救急搬送(午前1時)された。

救急外来では頭部CTおよび血液検査を実施。頭部CTから、左側頭部に梗塞を認める。

朝になり、再度頭部CT検査を実施したうえで、神経内科に引き継がれた。神経内科の指示のもと、MRIの撮影、抗凝固薬の投与、脳保護剤の投与などが行われた。入院翌日から、ベッドサイドでのリハビリを開始。入院期間は14日間だった。

 

 

 

お話を聞いた人

厚生労働省 保険局医療課

中谷 祐貴子先生

 

 

質問した学生

滋賀医科大学5年

川崎 翠

 

 

質問した学生

滋賀医科大学4年

三輪 祐果

 

 

 

中谷先生:本症例では、患者は診断群分類を用いた包括支払方式(DPC/PDPS)対象病院に搬送されたと仮定して考えましょう。DPC/PDPSでは、主要な傷病名と、実施した主な手術・処置やその傷病の重症度などによって、細かく「診断群分類コード」が決められています。包括部分の診療報酬は、このコードで規定された1日あたりの点数に、入院日数と医療機関別係数をかけることで算出します。

川崎:今回の事例の主要な傷病名は「脳梗塞」ですね。まず、発症日数が3日目以内か4日目以降か、またJCSが10未満か10以上か、というところで大きくグループ分けをします。今回は、「発症3日目以内、かつ、JCS10未満」です。搬送当日までは全く症状がなかったため、発症前Rankin scale*は0。副傷病もなかったと考えます。

三輪:行った治療は、脳保護剤であるエダラボンの投与と、ベッドサイドでのリハビリです。この場合の傷病コードでは、入院期間8日目までは1日あたり3,091点を、9日目から17日目までは1日あたり2,329点で計算することになります。

川崎:あとは、入院中のリハビリなどを、出来高評価で点数を算出し、合算すればいいんですね!

(クリックで拡大)


*発症前 Ranking scale…脳梗塞発症前の患者のADLを評価するための指標。重症であるほど値が大きくなる。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら