医学生×人事
同世代のリアリティー

人事の仕事 編(前編)

医学部にいると、同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われています。そこでこのコーナーでは、別の世界で生きる同世代との「リアリティー」を、医学生たちが探ります。今回は一般企業や自治体で人事担当として勤務する社会人3名と、医学生3名で座談会を行いました。
同世代

今回のテーマは「人事の仕事」

「会社員」や「公務員」と一口に言っても、その仕事内容は多岐にわたります。皆さんは、「人事」がどんな仕事か知っていますか?今回は、人事担当として働く社会人に医学生がお話を伺いました。

「人事」の人たちはどんな仕事をしているの?

岡田(以下、岡):皆さんは、企業や自治体で人事の仕事をされているそうですね。医学生にとって、組織の人事という存在は馴染みが薄いと思うので、まずは皆さんの仕事内容を具体的に教えていただけますか?

佐藤(以下、佐):人事と一口に言っても、業務内容は組織によってだいぶ異なると思います。私は大手化学メーカーに勤務しており、現在は本社人事部に所属しています。本社人事部は、私が所属する労務グループ、採用・研修担当グループ、海外関係の仕事を扱うグループ、そして管理職の人事を扱うグループの四つに分かれています。労務グループは、タイムレコーダーから社員の勤怠管理や給与計算をしたり、残業や休暇申請手続きの管理をしています。また、社員の評価やボーナスの査定管理も担当していますね。

室川(以下、室):私は建設系中小企業の人事で働いています。主に採用担当ですが、佐藤さんの会社のように、人事部内が細かく分かれているわけではなく、研修や社員の勤怠管理などの業務もしています。

渡辺(以下、渡):私は地方自治体職員で、一昨年までの2年間、人事課に所属していました。人事課では担当が四つに分かれていました。人事異動を行う人事管理担当、勤務管理を行う管理担当、職員研修を行う人材開発担当、そして給与担当です。私は人事異動担当で、その年の異動対象者と面談をして、その人の特質や適性、今までのキャリアを把握したうえで、次の異動先を決める仕事をしていました。公務員は3~4年単位で部署を異動するため、異動対象者の人数は毎年とても多く、仕事はかなり忙しかったです。

中島(以下、中):人事というと、漠然と「採用関係」という印象がありました。でもその他に、社員教育や人件費の管理など、社内全体に関わるたくさんの業務を行っているんですね。

採用はやっぱり会社との相性

:採用のときって、どんなところを見ているんですか?

:企業によって全く異なると思いますが、弊社の場合だと、「その人のやりたいことと弊社でできる仕事がずれてはいないか」という部分を重視しています。例えば、とても優秀で、「御社でどうしても働きたいです」と言ってくれる人でも、こちらがその人の活躍の場を十分に用意できないなと思ったら、お断りすることもあるんです。なぜなら、リーマンショック後の不景気の時期に、本当は行きたい会社があったけれど、夢破れて弊社に入社した、という人が何人かいて。でもそういう人は、本当にやりたいことと実際の仕事とのギャップに悩み、辞めてしまうことも多いです。ですから今は、弊社の長所も短所も包み隠さず開示して、納得してくれる人を採用することにしています。そのような方針にしてから、幸いまだ退職者は出ていません。

西村(以下、西):「こんな人柄がいい」といった基準はあるんですか?

:弊社では、「こういう人がいいね」とか「こういう人は難しそうだ」というのを採用担当で共有しています。他社では、「コミュニケーションがとれて積極的な人」なんて基準をよく見ますね。

:それは医師の仕事も同じですね。他の医師や患者さん、多職種とコミュニケーションをとれることはとても大事なので。

:たしかに、コミュニケーション能力は、どこに行っても必要なものではありますね。弊社でも、すごく弁が立つとまではいかなくても、きちんと会話が成り立つか、というところは最低限見ています。でもどんな能力があっても、最終的にはその会社との相性なのだと思います。多くのスキルを持っているに越したことはないですが、そうでなくても活躍している人はたくさんいます。だから私たちは面接の際、学生さんの長所を主に見るようにしています。そして、「この人にはいつかどこかで必ず、うちで活躍する機会があるはずだ」と可能性を信じて採用しています。

:とても素敵ですね! 私も入社したくなってきた…(笑)。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら