レジデントロード

【内科】鈴木 あい先生
(宮崎大学医学部 内科学講座 神経呼吸内分泌代謝学分野)-(前編)

鈴木先生

――鈴木先生はなぜ内科を選ばれたのですか?

鈴木(以下、鈴):私は宮崎県小林市の出身です。小林市は医療過疎地で、私の小さい頃に市立病院の産婦人科や小児科が廃止され、その後内科も一時的に廃止されてしまって。そんな地元の事情から、学生時代は内科だけでなく小児科も視野に入れていました。また学問的には麻酔科にも惹かれていました。

最終的に内科への志望を固めたのは臨床研修の時です。例えば、パーキンソン症候群やレビー小体型認知症では、便秘や寝言などの症状が診断の鍵となることがありますが、そんな小さな症状を聴きとって診断につなげるには、非常に高い問診技術が必要です。内科の先生方は、患者さんやご家族に、全身の状態について丁寧に問診し、隠れた病気を発見・治療されていました。その姿に感銘を受けたことと、もともと患者さんと話をするのが好きだったことから、内科を選びました。

――その後先生は、神経呼吸内分泌代謝学分野に入局して、専門研修を開始されたのですね。

:はい。当医局では、入局時に専門分野を決めるのですが、私は神経内科を選びました。今後、パーキンソン病などの変性疾患や認知症の患者さんが増えるに従い、神経内科の需要も高まっていくと思います。

神経内科の魅力は、他科の疾患まで含めて、全身にわたる知識を必要とされるところです。例えば、血管炎などがあり脳梗塞を疑われた患者さんが、実は膠原病だったとか、痙攣の原因が門脈大循環性脳症*だった、というように、最初は神経系の疾患が疑われたけれど、実は原疾患は全く別のところにあった、ということがよくあるんです。

――専門研修中は、どのように経験を積むのですか?

:1年目は大学病院で、色々な検査方法を身につけました。上級医の先生のやり方を、見て覚えていったという感じでしたね。髄液検査から始まり、次第に刺激伝達検査や筋生検を任されるようになりました。

2年目は市中病院に移りました。大学病院では神経難病や原因不明の意識障害を主に扱いますが、この時は、脳梗塞や痙攣の患者さんを多く診ていました。

3年目の現在は、後輩の指導もしています。最近、入局1年目の先生が、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者さんの担当になりました。ALSは、病気が進行すると、延命治療をせずに亡くなるか、動けないまま人工呼吸器をつけて生きるかの2択を迫られることになります。医師は患者さんに、病名とともに、そのことをはっきりと説明しなければなりません。でも、まだ「体の一部が動かしにくいな」という病識しかない患者さんにとって、その事実はすぐには受け入れがたいことです。私は最初、患者さんにどう説明したらいいかわからず、上の先生が説明されるところを後ろで聴いて学んでいました。現在は私が後輩に、自分の説明を聴いてもらう立場になっています。


*門脈大循環性脳症…肝機能の低下や門脈大循環シャントなどにより、本来肝臓で分解・解毒される物質が、全身循環に入って脳に毒性を及ぼすことで生じる。睡眠障害や見当識障害、羽ばたき振戦などの精神神経症状がみられる。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら