レジデントロード

【外科】宮﨑 佳子先生
(益田赤十字病院 外科)-(前編)

宮﨑先生

――宮﨑先生はなぜ外科を選ばれたのですか?

宮﨑(以下、宮):実は最初は、整形外科医志望だったんです。整形外科に興味を持ったのは、高校時代に柔道で怪我をし、島根大学病院で手術を受けたことがきっかけでした。高校にはスポーツ推薦で入学していたのですが、その手術を機に医学部を目指すようになりました。

でも、大学時代に臨床実習で色々な科を回るうち、消化器外科に惹かれるようになったんです。特に魅力的だったのは腹腔鏡の手術です。一般の開腹手術では術者しか術野が見えません。ですが腹腔鏡では、手術に関わる全員が同じ画面を見て、互いに確認し合いながら進めていけるんです。実習中は、学生の私でもチームの一員になれたような気がして、とても嬉しかったのを覚えています。

それに、島根大の外科には消化器外科以外にも、乳腺外科や小児外科など様々なグループが所属しています。色々な分野を幅広く経験したいと思っていた自分にぴったりだと感じ、外科への入局を決めました。

――卒業後、臨床研修はどちらの病院に行かれましたか?

:島根大学病院です。私が選んだのは「外科系重点プログラム」というものです。2年目には県内の市中病院や、沖縄の浦添総合病院など、外の病院を多く回ることができました。

――専門研修の内容を教えてください。

:私は臨床研修2年目の1月から、専門研修の一環として島根大学の外科を回りはじめました。まず上部消化管のグループに3か月。4月からの3か月は、下部消化管グループ。その後、乳腺・小児・下部消化管の各グループと、呼吸器外科・心臓外科・外傷センターを回りました。今年の2月からは、再び乳腺外科をじっくり学んでいます。

当医局では、入局2年目には外の病院に出ることになっています。私は今年の7月から、出身地である益田市の赤十字病院に行く予定です。益田では、虫垂炎などの小さめの手術の執刀や術後管理をするほか、外来も担当することになりそうです。

3年目には大学に戻り、そこでサブスペシャリティを決める人が多いです。私は今の段階ではまだ、消化器外科と乳腺外科とで迷っています。もし消化器外科に進むとしたら、内視鏡外科学会技術認定医の資格を取得するくらいまで技術を磨きたいと思っています。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら