子どもたちの成長・発達と、
お母さんたちの社会復帰を支援する
~秋山 千枝子先生~(前編)

秋山先生

今回は、小児科開業医であり、医師初の東京都教育委員会委員である秋山千枝子先生にお話を伺いました。

子どもたちの成長過程に応じた支援を

熊谷(以下、熊):秋山先生のクリニックは昨年20周年を迎えられました。開業のきっかけは何だったのでしょうか。

秋山(以下、秋):開業する前、私は障害児施設の嘱託医を10年ほど務めていました。施設では保育士・看護師・リハビリ職・歯科医師など、子どもたち一人ひとりに多職種が関わり、成長を見守っていました。そのうちふと、「障害のない子どもたちにも同じように関わった方が良いのでは?」と思ったのです。健常であっても、皆が心身ともに健康に育つとは限りません。障害のない子どもたちに対しても様々な大人が関わって、成長過程に応じた支援をしていく仕組みがあっても良いのではないかという思いが大きくなり、開業することにしました。

:開業後、秋山先生は広く事業を展開されています。どのような経緯だったのでしょうか。

:最初は病児保育から始めました。働くお母さんたちが子どもの急な病気の時に困っていることはわかっていましたし、私自身も子育てをしていた時、大変だったからです。病児保育はやりがいがあり、今度は病気になっていない子どもたちの保育もしてみたいと思いました。そこで認証保育所を設立し、小児科医として大切にしたい「生活リズムを整えること」「身辺自立ができること」「歩く保育で身体をつくること」を三本柱にした保育を提供してきました。

障害のある子どもたちに対しては、訪問看護事業と児童発達支援事業を展開してきました。というのも、私は障害児施設に勤めていた頃から、人工呼吸器での管理やたんの吸引などの医療的ケアを必要とする子どもたちのお母さんたちのことが気になっていたからです。当時、障害児の中でも医療的ケアを必要とする子どもたちは、市の施設では受け入れられない状況でした。そのため、お母さんたちは子どもに付きっきりで、働くことができなかったのです。そこで私は、子どもたちをデイケアで受け入れることで、お母さんたちの社会復帰を支援していきたいと考えたのです。

:先生のように、家族の支援もしてくれる医師がいると、とても心強いですね。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら