看護師(緩和ケア・急性期)【後編】(1)

これから医師になる皆さんは、どの医療現場で働いても、チーム医療のパートナーとして看護師と関わることになるでしょう。本連載では、22号より、様々なチームで働く看護師の仕事をシリーズで紹介しています。今回は、東京逓信病院の皮膚・排泄ケア認定看護師、宮本乃ぞみさんと秡川恵子さんにお話を伺いました。

今回は、前号(26号)に引き続き、皮膚・排泄ケア認定看護師を紹介します。前号に掲載した前編では、皮膚・排泄ケア認定看護師の資格と業務内容について取り上げました。後編では、皮膚・排泄ケアの重要性や、患者さんとの関わりなどについてお話を伺います。

褥瘡のケアの仕方

先生

――お二人は認定看護師として、院内の褥瘡の発生データなどをとって分析しているそうですね。

秡川(以下、秡):はい。褥瘡というと、高齢の方にできやすいという印象があるかもしれませんが、データをとって調べてみると、そうとも限らないことがわかります。褥瘡の原因は、圧迫や摩擦などの外力によって皮膚の血流が途切れることです。そのような状態になれば、高齢者に限らず、若い人や赤ちゃんにも褥瘡は生じます。手術時間が長かった場合、手術中に褥瘡ができてしまうこともあります。

宮本(以下、宮):また、寝たきりの方にだけできるとも限りません。特に高齢者の場合は、独居の方も、家族と同居の方も、日中は一人で家にいることが多くなります。座りっぱなしでテレビを見たりして過ごしていると、座りだこが悪化して褥瘡になってしまうことがあります。寝たきりの方の場合、周囲も注意を払うのですが、このように少しは動ける方の方が褥瘡が気付かれにくく、悪化させてしまうリスクが高くなるんです。

――褥瘡ができてしまった場合、どのようにケアするのですか?

:褥瘡は、血流を阻害している原因を除いて環境を整えれば、皮膚が元々持つ自然治癒力で治っていくものです。ですから、まずは原因を探して取り除くことから始めます。例えば寝たきりの方の場合、体圧を分散できるマットレスに変えたり、体の向きを変える際、クッションの入れ方を変えたりします。原因を取り除けたら、次は環境を整えます。栄養状態が悪い方にはNSTチーム*1に、ADLが低下している方にはリハビリ科に介入してもらうなど、必要に応じて他職種の協力も仰ぎます。

:ただ、患者さんによっては、「褥瘡が治っている」状態がゴールにならないこともあります。例えば緩和ケア病棟に入院されていて、腹水などでお腹の張りを訴えている患者さんは、血流を良くしようと体の向きを変えると、お腹が苦しく感じてしまったりします。このように、褥瘡の原因自体を取り除くことが難しい場合は、患者さんが安楽に過ごせて、かつ褥瘡を今より悪化させないようにすることを目指してケアをしていきます。

 

*1NSTチーム…栄養サポートチーム。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら