レジデントロード

【整形外科】斧出 大紀先生
(豊見城中央病院 整形外科)-(前編)

斧出先生

――整形外科を選んだきっかけを教えてください。

斧出(以下、斧):学生時代からとにかく外科系に興味がありました。手を動かすことと手術室にいることが好きで、大学でも座学より解剖や一次救命処置に興味がありましたし、臨床実習で手術室に入る機会があると、「帰っていいよ」と言われてもずっと残っていたくらいです。

手術室で働く科である麻酔科にも興味があり、研修医2年目で麻酔科と整形外科をじっくり回りました。そのうえで、やはり術中の全身管理よりも、手を動かして治す方が好きだと思い、整形外科を選びました。

――専門研修先はどのように選ばれましたか?

:地元の大阪に戻って働きたいという気持ちもありましたが、福岡大学に残ることにしました。福岡の、都会と田舎の良いところが合わさった感じが好きなんです。また福大の医局には、沖縄を含めた九州全域や全国にも関連病院があるため、様々な地域の患者さんに出会えると思いました。

それに福大の整形の先生方は、学生にも熱心に医局のビジョンを伝え、巻き込んでいってくださいます。フォローが手厚く、若手が大事にされるので、入局者も多く、医局全体にも活気がありました。

――専門研修の1年目はどのような仕事をしていましたか?

:最初の3か月に勤務した福西会病院では、外傷患者さんの執刀医を任されることもありました。大腿骨頚部骨折や小さな骨折のピンニングといった手術を執刀していきました。臨床研修中にも手術の助手に入ることはあったのですが、いざ自分で執刀するとなると大変さは全く違います。本を読んだりしてやり方を頭に入れたつもりでも、実際に手を動かしてみないとわからないことがたくさんありました。今振り返ってみると、上級医の先生方が非常に丁寧にフォローしてくださっていたんだなとつくづく感じますね。

7月からは大学に戻りました。福岡大学の整形外科は、股関節、膝、足、脊椎、肩・ハンド・腫瘍の大きく五つのグループに分かれており、救命救急の外傷グループにもメンバーを出しています。レジデントは3か月ごとに各グループをローテーションしていくのが原則で、私は膝、救命救急、足の順番で回りました。大学では手術の助手と病棟管理を任され、基本的知識、治療の進め方、カンファレンスの仕方などを学んでいきました。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら