レジデントロード

【眼科】古川 達也先生
(神戸掖済会病院 眼科)-(前編)

古川先生

――古川先生はなぜ眼科を選ばれたのですか?

古川(以下、古):実家が眼科でしたから、もともと眼科は選択肢の一つでした。でも、眼科医を目指して医学部に入ったわけではないんです。僕は人と話すのが好きだったので、色々な人と話せる職業に就きたいなと思って。臨床実習などで色々な科を回り迷いましたが、卒業するころには、眼科に進むことを決めていました。

――卒業後、臨床研修はどちらへ行かれましたか?

:兵庫医科大学です。眼科に入局した後は、全身を診る機会は減ってしまうので、臨床研修では他科をたくさん見ておこうと考えました。そこで、1年目は救急や一般外科など、2年目は眼科のほか、糖尿病内科や神経内科など、眼科に関わりの深い科を回りました。「目の症状で眼科を受診したけれど、実は他科の疾患が原因だった」ということもありますから、研修の時に他科を経験しておいてよかったなと思っています。

――2年目で眼科を回った際は、どのように過ごしましたか?

:まず、外来を担当する上級医の先生にべシュライバー*として付いて、診察の様子を見て学びました。手術に関しては、上級医の先生方の質問に答えるかたちで、手術内容をつぶさに復習しました。その他、眼科でよくオーダーされる検査についても一通り学びました。僕は、検査の方法や手順を、臨床検査技師さんの隣で見学させてもらうようにしていました。実際には、検査はすべて技師さんが行い、医師はデータを見て判断することがほとんどですが、どんな機械、どんな方法で検査しているかは、医師も熟知しておくべきだと考えたからです。

――臨床研修で眼科を回る際、大変だったことはありますか?

:それまで学んできたことが、全く通用しなかったことです。眼科は非常に特殊な分野で、詳しく勉強する機会もなかったんです。国家試験でも眼科はほとんど出題されません。それに自分は昔から視力が良く、実家の眼科にもほとんどかかったことがないので、眼科の雰囲気を全然知らなくて。カルテを読むのも一苦労でしたね。英語の専門用語がわからないので、単語帳で地道に覚えていきました。大学受験も終わった後で、まさかまた単語帳を使うとは思いませんでした(笑)。眼科のカルテは説明がなく図示だけのことも多く、読み解くために、解剖も一から頭に叩き込んでいきました。

*べシュライバー…診察内容などを記録する役割のこと。ドイツ語で「記録係」「書記官」などを意味する。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら