医学生×国際協力
同世代のリアリティー

国際協力 編(前編)

医学部にいると、同世代の他分野の人たちとの交流が持てないと言われています。そこでこのコーナーでは、別の世界で生きる同世代との「リアリティー」を、医学生たちが探ります。今回は、国際協力に携わる社会人3名と、医学生3名で座談会を行いました。
同世代

今回のテーマは「国際協力」

皆さんは、途上国支援に興味がありますか?日本の政府やNGO・NPOなどによる国際協力は、どのように行われているのでしょうか。今回は、JICA(国際協力機構)で働く社会人にお話を伺いました。

JICAの仕事ってどういうもの?

長野(以下、長):皆さんはJICA(国際協力機構)で働いていると伺いました。どんなお仕事をされているのですか?

照下(以下、照):JICAは、ODA(政府開発援助)を一元的に行う組織で、日本の国費で途上国支援を行っています。皆さんが「国際協力」と聞いてイメージするような、難民の支援や子どもたちの栄養改善に加え、道路や橋などのインフラ建設や、新たな産業の振興など、実に多岐にわたる活動をしています。

中村(以下、中):JICA職員の役割は、マネジメント能力や自身の専門性をもとに、途上国の「国創り」を支援するために国家・地域レベルで援助方針を策定し、具体的なプロジェクトを形成したり、外部の専門家・コンサルタント・ボランティアの方々の協力を得ながら、プロジェクトを実行していくことです。私が担当する技術協力プロジェクトでは、農業や教育、保険医療といった特定の分野の専門家を現地に派遣したり、途上国から研修員を受け入れ、実際に日本で技術や制度を学んでもらうことで、技術移転を行っています。

石井(以下、石):JICAの職員の方々は、外国に駐在したりはしないのですか?

岡田(以下、岡):入構1年目の新入職員は、研修の一環として、世界の約100か所にある在外事務所のいずれかに約3か月間配属されます。そこで、プロジェクトの最前線がどういうふうに動いているのかを見たり、専門家の方々と協働するという経験をします。

古川(以下、古):職員にはどんな方が多いですか? 文系の方が多いイメージがあります。

:年度により変動はありますが、2018年度の新卒採用では、文系と理系の比率は7:3でした。私は農学部出身で、大学院までウシ・ヒツジなどの反芻動物を対象に繁殖分野の研究をしていました。現在の部署では幸いにもその知識を活かして仕事ができています。また近年、東南アジアの大学の研究レベルが向上してきており、日本の大学との関係構築に貢献したいと思ったことも、JICAに入った動機の一つです。

:照下さんと岡田さんはなぜJICAを志望したのですか?

:小さい頃読んだマザー・テレサの伝記に感銘を受け、困っている人を助ける仕事がしたいと漠然と思うようになりました。将来の夢を具体的に考えるようになった頃は、ちょうど緒方貞子さんが世界で活躍されている時代で、緒方さんへの憧れがきっかけで、いつかは国連のような国際機関で働きたいと思い、JICAに入構しました。

:私ももともと緒方さんに憧れ、次世代を担う若者に夢を与えられる人になりたいと思っていました。そんななか、小学5年生の時に台風の被害に遭い、1年間の避難生活を送ったんです。災害の再発を防止し、次に活かせる教訓を残す方法を考えた時、防災の役割を果たす水田の貯水効果に気が付きました。そこで中学生の時、防災的機能のみならず、地元に生息する生き物、ひいては人の命を育む水田を守るために、米の消費促進の一環として給食のご飯を地元の無農薬米にしてほしいと市長に直談判しました。また、自身でも実際に水田を作り、友人の協力や大学の先生方の支援を得ながら、地域に必要なものを考えたり、次の世代に残していく方法を考えるなかで、この行程は国際協力や難民支援に通じるものがあると感じました。そして、そういう支援ができるJICAで働きたいなと思いました。

 

「医師になる」ということ。 読者アンケートはこちら